フェルラ酸はポリフェノールの一種です。「ポリフェノールは抗酸化作用を持ちアンチエイジングに効く」という知識は多くの人の間で認知されてきていますね。フェルラ酸は、米ぬか、小麦胚芽、コーヒーや、リンゴ、オレンジ、パイナップルなどの種子などに含まれる成分で、アルツハイマー病や美白に効能があるといわれます。ここでは、フェルラ酸のはたらきについてまとめてみました。

フェルラ酸とはどんな成分なの?

フェルラ酸は、細胞壁を構成する成分です。ジャイアント・フェンネルから発見された成分なので、その名前がついたといわれています。日本では食品添加物の酸化防止剤として使われており、グリンピースの色を整えたり、抹茶の色の退色を防いだり、バナナの黒変を防いだりしています。細菌の繁殖によって食品が傷むのを防止しているという報告もあります。また紫外線を吸収する作用があります。

フェルラ酸と美白効果

フェルラ酸は構造がチロシンに似ています。チロシンと拮抗して、シミ、しわなどの原因であるチロシナーゼという酵素にはたらきかけ、メラニン色素の分泌を抑えます。紫外線を吸収する機能も持つことから美白のための化粧品やUVクリームなどさまざまな化粧品に配合されています。

フェルラ酸とアルツハイマー病予防

フェルラ酸は、βアミロイドぺプチドという酸化物質から脳細胞を保護するはたらきがあるということが分かっています。脳の神経伝達物質にはアセチルコリンがありますが、加齢とともに減少するこの物質の分泌をフェルラ酸が活性化します。このようにフェルラ酸は脳のアンチエイジングに効能があり、アルツハイマー病を予防したり、学習能力や記憶力を高めたりするといわれています。また、がん細胞に対してのアポトーシス(細胞の自滅)作用を持つことも報告されています。

フェルラ酸は植物性の食材を積極的に食べることで摂取できますが、玄米から作られたブラックジンガーというコーヒーからの摂取は特に手軽でオススメです。


writer:松尾真佐代