アーティスト、鈴木康広がロットリングで描く「線の宇宙」

写真拡大

日常の世界に潜むワンダーを解き明かす、2014毎日デザイン賞受賞アーティスト、鈴木康広。「ディテールを見すぎると、物事の本質を捉えることはできない」と語る彼の作品には、彼が見たモノの「その先」が、しばしば描かれる。「rOtring800+」という道具によって鈴木が記録した、“見えない世界”とは。(雑誌『WIRED』VOL.18より転載)

「アーティスト、鈴木康広がロットリングで描く「線の宇宙」」の写真・リンク付きの記事はこちら

YASUHIRO SUZUKI︱鈴木康広
1979年静岡県生まれ。2001年、東京造形大学デザイン学科卒業後、東京大学先端科学技術研究センターで助手を務め、現在は、同・客員研究員。自身の創作活動に加え、講演やワークショップなども多数行っている。著書に『まばたきとはばたき』『近所の地球』〈ともに青幻舎〉など。

地球儀、金属製の帽子を被った「考える人」の消しゴム、小さな穴の空いた石、葉っぱ、脳みそのオブジェ、大小さまざまなサイズのけん玉、本、無数のノート……。アーティスト、鈴木康広のアトリエには、ガラクタと呼ぶには妙に存在感のあるたくさんのモノが、不思議な秩序を保ちながら並べられている。これらは鈴木にとって、大切な記憶を呼び戻すための断片だ。

日常のある瞬間や、旅先で見つけたもの、経験したことを記憶に留めるため、彼は多くの場合、カバンからノートとペンを取り出し記録するが、それが叶わないとき、こうした断片を持ち帰り、アトリエのそこここに並べるのだ。

鈴木は、机の上に置かれた自身の作品「手の石鹸」を両手で包み、そのカタチを確かめるように注意深く触り出した。そして、石鹸を置くと、ロットリング800+のスタイラスペンをiPadのディスプレイに滑らせた。描いたのは、再び自分の手だ。

次に彼は、おもむろにiPadを持ち上げ、画面上の両手を自分の両手で支える仕草をしてみせた。虚構と現実、2対の手が重なる様子は奇妙でユーモラス。鈴木の作品は往々にして、こんなふうに「次なる行為や思考」の促進剤となる。

鈴木はドローイングを描くとき、インク性のペンを用いる。下書きはしない。消せないので間違えたら書き直す、その繰り返しだ。手間のかかる手法であることを認めながら、次に彼はロットリング800+のヘッド部分をくるりと回し、メカニカルペンシルを用いて、またもや自分の手を描き出した。ペンの先端から、にょきっと指先が出ている絵だ。

不本意な線を消しゴムでゴシゴシ消しながら、「消せるってすごい。でも、だからといって間違いが“直る”わけではない…」と呟いた。描くことは、鈴木にとって言語化できない夢を記録するのと同義語だ。掴みたいけど掴めない曖昧な輪郭を可視化させる行為なのだ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN img_9513_2 img_9574_0

2/6「けん玉は重力に対してまっすぐ『線』を引く道具」と説明する鈴木。その言葉通り、すうっと線を引くようにけん玉を持ち上げ、静かに玉を剣先に納める。

img_9611_3

3/6「軽い描き心地」と鈴木も絶賛するメカニカルペンシル。見えないモノの輪郭をなぞるように、ペン先から指が出ている。

img_9677_0

4/6「まだ慣れないから、どこにペン先があるか分からない……」とつぶやきながら、先ほどメカニカルペンシルで描いた「指が先端から出ているペン先」を、スタイラスでもトライ。

img_9627_0

5/6岩手県石巻市で拾った落ち葉。「ときにはスケッチではなく、訪れた先で見つけたり拾ったモノを、記憶の断片として持ち帰るんです」。

img_9652

6/6長年愛用している白無地のツバメノートは、すべて保管。見開きの片方にだけ描き、対向ページは空けておくのが鈴木流。「後から見返したとき、自分が描いたものから新しいアイデアが生まれることがある。それを対向ページに描くんです。関連性もよく分かる」。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN img_9513_2

初めて使うロットリングのスタイラスペンで描いた鈴木の手、をそっと持ち上げるリアルな手。「思いのほか、いろんな線が描ける」。

img_9574_0

「けん玉は重力に対してまっすぐ『線』を引く道具」と説明する鈴木。その言葉通り、すうっと線を引くようにけん玉を持ち上げ、静かに玉を剣先に納める。

img_9611_3

「軽い描き心地」と鈴木も絶賛するメカニカルペンシル。見えないモノの輪郭をなぞるように、ペン先から指が出ている。

img_9677_0

「まだ慣れないから、どこにペン先があるか分からない……」とつぶやきながら、先ほどメカニカルペンシルで描いた「指が先端から出ているペン先」を、スタイラスでもトライ。

img_9627_0

岩手県石巻市で拾った落ち葉。「ときにはスケッチではなく、訪れた先で見つけたり拾ったモノを、記憶の断片として持ち帰るんです」。

img_9652

長年愛用している白無地のツバメノートは、すべて保管。見開きの片方にだけ描き、対向ページは空けておくのが鈴木流。「後から見返したとき、自分が描いたものから新しいアイデアが生まれることがある。それを対向ページに描くんです。関連性もよく分かる」。

「シャーペンのヘッドから指先が出ている感覚。そのとき、自分の意思と指先との間に、ある種の葛藤が起きる。けれども、何度も描き直すうちに、次第に自分の精神と手が乖離して、脳から指令が下る前に手が勝手に描き出す瞬間がある。ぼくは、そのときに起きる身体感覚の“揺らぎ”を信じているんです」

その意味では、けん玉も、鈴木にとっては線を描くことと同じ行為。彼は自身の作品であるりんご形のけん玉を手に取り、少し膝を曲げると、静かに剣先に玉を入れてみせた。

「身体感覚を地球規模に広げて、玉が地球の中心とつながっていることを感じる。それを一直線に引き上げる。剣先を玉に突き刺すのではなく、糸=線をまっすぐ引く訓練です」

描く対象の向こうに見える線を捉え、線を引いてその痕跡を残す。見ること、記憶すること、描くことは確かにつながっているが、そこから得られる結果は、必ずしも同じ輪郭をたどるとは限らないのだ。

「対象物から広がる宇宙に視野と精神を広げることで、別のモノが見えてくる。ぼくは、対象物をよく観察することで、そこから想起される味や空気、音といった、言葉にならない"状況"を記憶したい。絵を描くことは、その見えない線を記録することなのかもしれません」

最後に鈴木は自身の作品「水平線を描く鉛筆」のパロディ版とも言える、ロットリングのメカニカルペンシルで描いた「水平線を描くロットリング」という作品を描いた。普段、スケッチも作品も水性ペンを用いる鈴木が、久しぶりに「消せる」画材で描いたレアな作品だ。本作完成までに、消しゴム製「考える人」の頭部は少しすり減っていた。

rOtring 800+

1928年、「芸術と産業の融合」を目指したバウハウス時代のドイツで誕生以来、デザイン分野のプロから圧倒的支持を得てきたロットリングが、紙とデジタルに対応したハイブリッドペンとして再登場。メカニカルペンシルの線幅は0.5ミリと0.7ミリ、ボディ色はシルバーも展開。¥8,640(税込)
http://www.rotring.com