アウトドアスタートアップ「マーモット」、そのアップルに共通する創業スピリット

写真拡大

1974年に学生ヴェンチャーとして始まった「マーモット」は、自然のなかで自由になるための「道具」をつくりつづけてきた「アウトドアスタートアップ」だ。のちに同じ米国西海岸でパソコンを世に生み出したアップルにも通じる同社の創業スピリットに、『MAKERS』や『BORN TO RUN 走るために生まれた』を手がけたNHK出版翻訳書編集長の松島倫明が迫る。(雑誌『WIRED』VOL.18より転載)

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「アウトドアスタートアップ「マーモット」、そのアップルに共通する創業スピリット」の写真・リンク付きの記事はこちら
59650014_v1

2/4原点の「ツール」たち(1):LYNX
1979年に登場したMarmot Mountain Works時代のプルオーバー「LYNX」。Gore-Texが採用されており、色は写真のコーラル・レッドとシルヴァーで登場した。

59650028_v1

3/4原点の「ツール」たち(2):ALL WEATHER PARKA
1980年に発売されたパーカは抜群の機能性とユーザビリティの高さで評判を呼んだ。頭の動きに合わせて追従するフードが画期的だった。いまでもMarmotはフードには定評がある。

59650030_v1

4/4原点の「ツール」たち(2):PENGUIN
スリーピングバッグに初めてGore-Texを採用し、時代を画した、革新的プロダクト。その後大きなモデルチェンジもなく販売され続けたのがクオリティの証だ。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 59650010_v1

創業初期の貴重なヴィンテージTシャツ。カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校の学生だったデイヴ・ハントリーとエリック・レイノルズ、トム・ボイスの3人のアイデアから始まったブランドは、1974年にグランドジャンクションにショップを開くことで本格的にビジネス化した。当時の店の名が「Marmot Mountain Works」だった。

59650014_v1

原点の「ツール」たち(1):LYNX
1979年に登場したMarmot Mountain Works時代のプルオーバー「LYNX」。Gore-Texが採用されており、色は写真のコーラル・レッドとシルヴァーで登場した。

59650028_v1

原点の「ツール」たち(2):ALL WEATHER PARKA
1980年に発売されたパーカは抜群の機能性とユーザビリティの高さで評判を呼んだ。頭の動きに合わせて追従するフードが画期的だった。いまでもMarmotはフードには定評がある。

59650030_v1

原点の「ツール」たち(2):PENGUIN
スリーピングバッグに初めてGore-Texを採用し、時代を画した、革新的プロダクト。その後大きなモデルチェンジもなく販売され続けたのがクオリティの証だ。

「道具」のリベラルアーツ

デイヴ・ハントリーは典型的なヒッピーというわけではなかった。

1969年に入学した当時、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校のキャンパスにも、確かにカウンターカルチャーの波は押し寄せていた。長髪の若者たち、ドラッグ、実験的音楽─。ヴェトナム反戦運動が盛り上がりを見せ、学生ストによって春学期の授業は一度も開かれなかった。

あり余る時間を手に10代のデイヴが向かった先は、知覚の扉を開けるための酩酊状態ではなく、シエラネヴァダ山脈に広がるヨセミテの絶壁だった。

「当時は“Back to the nature”(自然に帰れ)という機運があったんだ」とデイヴは振り返る。

若者たちは街を抜け出し、トレイルや、コミューンや、デイヴのようにロッククライミングへと向かっていった。翌年、のちの共同創業者でアラスカ遠征帰りのエリック・レイノルズとトム・ボイスにキャンパスで出会ったデイヴは、「ヨセミテのビッグウォールに登ってやろう」と意気投合する。ワシントンコラム、エル・キャピタン、ハーフドームの北西壁─。巨大な岩壁に挑む3人の姿を、独学で勉強した16mmのカメラで収めた。その映像こそが、イヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)やダグ・トンプキンス(ザ・ノースフェイス創業者)のあの伝説の旅と並ぶ、マーモットというアウトドアスタートアップを物語る創世神話である。

「でもファイナルプリントができなかったんだ。当時はお金がなくてね」

絶壁や氷原といった極限の環境に挑戦するための道具(ツール)をデイヴが自作し始めたきっかけもやはり、買うお金がなかったからだ。それを見たほかの学生に「いいね、ぼくにもつくってくれないか?」と頼まれ、学生寮(ドミトリー)でさらにスリーピングバッグをつくり始めた。「いわば、マーモットの最初のプロダクトだといえるだろうね」とデイヴは言う。

西海岸ではいつだって、のちの偉大な企業はガレージやドミトリーから生まれるのだ。

カリフォルニアのロアート・パークのヘッドクォーターでマーモット社員に向けてレクチャーをする創業メンバーのデイヴ・ハントリー。

スティーブ・ジョブズが引用した「Stay hungry. Stay foolish」でも有名な『ホール・アース・カタログ』は、そんな当時の若者たちのバイブルであり、時代の精神を牽引したこのカタログの掲載基準は、「道具として役立つ」「自立教育を促す」「高品質もしくは低価格」「メールで簡単に手に入る」の4つだった。

つまり、しかるべきツールを使うことで個人の自立は実現されるのであり、そのツールは誰にとってもアクセスが容易で入手可能なものでなければならない、という思想だ。

これは次のように言い換えられるかもしれない。「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」─ジョブズがアップル社について語ったこの言葉が『ホール・アース・カタログ』の思想を色濃く継承しているのも当然だ。ここでリベラルアーツを“一般教養”と訳しても意味をなさない。リベラルアーツとは文字通り、liberal=自由になるためのart=技芸なのだ。マッキントッシュというパーソナルコンピューターはまさに、テクノロジーによって個人の能力を拡張し、より自立して、自由になるためのツールにほかならなかった。

そして、そのジョブズとウォズニアックが出会った1974年に、コロラド州グランドジャンクションでデイヴたち3人が立ち上げたマーモットもまた、テクノロジーによって“自由になるためのツール”をつくるという点で、まったく同じ地平に立っていた。

「会社を始めた最も根本的な理由は、ぼくらクライマーには既存の製品よりももっとタフな、壊れない装備が必要で、だったら自分たちでつくろうと思ったからなんだ」

1,000mの巨大な一枚岩の絶壁を登り、極寒のアラスカを快適に旅することは、自然という環境のなかで、「個人の能力を拡張し、より自立して、自由になる」ことにほかならなかった。端的に言って、“自由になること”とは、“自分のできることを増やすこと”だからだ。

1974年創業当時のショップと工房があった建物は現在も残っている。



「Marmot Mountain Works」の創業地であるグランドジャンクションの山並みと空。

偉大なるDIYの伝統

現在、マーモットのアンバサダーでもある探検家の角幡唯介はその著書『空白の五マイル』で自然についてこう描写する。

「自然が人間にやさしいのは、遠くから離れて見た時だけに限られる。長期間その中に入り込んでみると、自然は情け容赦のない本質をさらけ出し、癒やしやなごみ、一体感や快楽といった、多幸感とはほど遠いところにいることが分かる」

だからデイヴたちは、極限の地で手にするツールに納得がいかなければ、自分たちでつくった。それは現在のメイカームーヴメントにまで連綿と続く、アメリカの偉大なるDIYの伝統でもあった。

「ぼくはいつも自分のことを“マヴェリック”、独立独行の人だと思ってるんだ。まず自分でやってみる。訓練を受けたわけでも、教育を受けたわけでもなくても、やってみるんだ」

ジョブズがパロアルト研究所でGUIのアイデアを得たことで革新的なパーソナルコンピューターをつくり出したように、マーモットの創業者たちはGore-Texというテクノロジーを一目見て惚れ込んだことで、アウトドアメーカーに後戻りすることのできないイノヴェイションをもたらした。

「多くの正式な準備を重ねることは、イノヴェイションにとって必ずしもいいことではないとぼくは思うんだ。なぜなら、どうやったらできるのか予め習ってしまうからね。でもそうすると、ぼくのように別のやり方を見つけることはできなくなってしまう」

その言葉からは、西海岸スタートアップに通奏低音のように流れる、ゼロから何かを生み出す精神がにじみ出る。

シリコンヴァレーを筆頭にITスタートアップが集積するカリフォルニアが、東にヨセミテとシエラネヴァダ山脈を擁し、総距離4,200kmのパシフィック・クレスト・トレイルに貫かれているのは決して偶然ではない。

テクノロジーと身体性、そのふたつは相反するのではなく、同じひとつのマントラを唱え続けている。

「個人の能力を拡張し、より自立して、自由になるためのツール」。ぼくたちがいま、そのツールを手にしているのは、70年代に息づいていたスタートアップの精神を、実現してくれた先人たちのお陰なのだ。つまり、このデイヴ・ハントリーのように。

松島倫明 | Michiaki Matsushima
編集者/NHK出版翻訳書編集長。手がけた本に『WIRED』元編集長C・アンダーソン『FREE』『MAKERS』、2015年ビジネス書大賞のP・ティール『ZERO to ONE』のほか、世界300万部のベストセラー、C・マクドゥーガル『BORN TO RUN 走るために生まれた』と最新刊『ナチュラル・ボーン・ヒーローズ』、J・J・レイティほか『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』などがある。

マーモット