写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで8日、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(〜11月1日)が開幕。ハロウィーン関連フードも1日より登場し、『トイ・ストーリー』のミスター・ポテトヘッドをモチーフにしたポップコーンバケットの"ドラキュラ"バージョンが人気を集めている。

ミスター・ポテトヘッドは、『トイ・ストーリー』シリーズに登場する、顔のパーツを付け替えられるジャガイモ頭のおもちゃ。怒りっぽくて皮肉屋だが、実はロマンチストという性格の持ち主だ。

両パークでは、ミスタ・ポテトヘッドをモチーフにしたポップコーンバケットが2014年秋に発売開始。そして、今年の「ディズニー・ハロウィーン」限定商品として、"ドラキュラ"に変身したポップコーンバケットが登場した。

ハットではなくドラキュラ風の髪型に変わり、牙と耳、そしてマントが加わり、凛々しい姿に。通常版と同じく、手や眉毛を動かして、さまざまな表情を楽しむことができる。販売しているポップコーンワゴンには行列ができ、"ドラキュラ"姿のミスター・ポテトヘッドを首から提げている人の姿が多く見られる。

撮影:蔦野裕 (C)Disney/Pixar (C)2015 Hasbro.All Rights Reserved.