写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シーズ・ラボはこのほど、代謝アップのポイントであるへそやその周辺のつぼを刺激してやせやすい体作りを目指す「へそつぼ温熱ダイエット」を恵比寿本店で開始した。

へそに直接お灸やキャンドルを当て、伝わる熱を利用して体質改善やダイエットを行う「へそ美容」。日本ではあまり知られていないが、アメリカやシンガポール、台湾を始めとするアジア諸国では人気が高いという。

へそは東洋医学で神厥(しんけつ: 神が宿る)、西洋医学でも太陽の神経叢(しんけいそう: 自律神経の密集地帯)とされており、胎児が唯一栄養を吸収する大切な器官でもある。へそに加え、周辺も温めると、全身の血流が良くなり手足の冷え改善のほか、むくみ緩和の効果もあるという。便秘解消や代謝を上げてダイエット効果を高めるつぼも多く存在する。

人間の体は、体温が1℃上昇すると基礎代謝量が12%上昇する。30〜40代女性の平均基礎代謝(1日に1,140kcal)の12%は、パスタ1人前程のカロリー、速足で30〜40分の運動量になる。体温が上昇すると免疫力が5〜6倍アップするだけではなく、風邪をひきにくく、健康を維持しやすい状態になると言われている。

今回展開する「へそつぼ温熱ダイエット」は、へそや周辺にある8つのつぼを刺激して特殊なハーブ液を浸透させることでダイエット効果を高めるプラン。75℃の温灸(おんきゅう)器を使ってへそとつぼを押し当てながら温めると、次第に体がぽかぽかしてくるのが体感できるという。

使用するハーブ液は25種のハーブを配合したもので、浸透させるだけで老廃物排せつ効果が期待できるとのこと。その後、マッサージで腹部をもみほぐしてプランは終了する。

価格は20分で5,400円(税込)。

(フォルサ)