MITメディアラボ創設者N・ネグロポンテ登壇決定! 都市の未来を描く「Innovative City Forum」【10/14〜16開催】

写真拡大

Innovative City Forum(ICF)が六本木ヒルズで10月14日(水)より開催される。基調講演スピーカーに、MITメディアラボ創設者ニコラス・ネグロポンテ、バイオアートの先駆者オロン・カッツが決定した。その他のパネリストもICFでしか実現しえない超豪華な面々が集結し、テクノロジー、アート、都市の未来を議論する。

「MITメディアラボ創設者N・ネグロポンテ登壇決定! 都市の未来を描く「Innovative City Forum」【10/14〜16開催】」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニコラス・ネグロポンテ | Nicholas Negroponte
1943年生まれ。海運業を営むギリシャ人の息子として、スイス、英・ロンドン、米NYで育つ。MIT建築学科でCAD等を学び、66年に修士号取得。同年、25歳の若さでMITにて教鞭を執り始め、80年に教授に就任。イェール大学、ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレイ校でも教える。HCI(ヒューマン=コンピューター・インタラクション)に関心を持ち、68年にMITでArchitecture Machine Groupを設立。85年、MIT元学長ジェローム・ウィーズナーと共にMITメディアラボを設立し、00年まで初代所長を務めた。93年、『WIRED』誌の最初の出資者になり起業を支援、98年までコラムを寄稿。95年の著書『ビーイング・デジタル』は世界的なベストセラーに。05年、開発途上国の子どものためのNPO団体『OLPC (One Laptop Per Child)』を立ち上げる。

Innovative City Forum(ICF)」が六本木アカデミーヒルズで10月14日(水)より3日間開催される。「20年後の私たちはどのように生きるのか?」を問いかけ、「都市とライフスタイルの未来を描く」をテーマに議論を行う国際会議として3回目の開催となる今回は、MITメディアラボ創設者であり、日本ではベストセラー『ビーイング・デジタル』の著者として知られる、ニコラス・ネグロポンテが基調講演で登壇。TEDの立ち上げやUS版『WIRED』の創刊など、世界を変革するデジタルカルチャーの歴史を築いてきた人物が、自らが描いてきたヴィジョンが次々と実現される現代都市について語る。

Innovative City Forum 2015

>>参加申し込みはこちらから

開催日時:2015年10月14日(水)〜10月16日(金)
開催場所:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階
参加費:各日5,000円(税込)
*国際交流基金アジアセンターセッションのみご参加の場合、1セッション1,000円(税込)です。
定員制、先着順での受付となります。

昨年、オープン間もない虎ノ門ヒルズで開催されたICFでは、ヨーロッパやアジア世界各都市で進められている数多くのプロジェクトのキーマンが来日し、10年後の都市ヴィジョン、創造都市、メディアアートなどをテーマに有意義な議論が繰り広げられた。

基調講演で、タイ王国文化省事務次官のアピナン・ポーサヤーナンが「都市の脆弱さと儚さがもつ魅力に、文化遺産やアートを融合させることが持続可能性のある新たな都市の創造につながる」と語ると、世界文化都市フォーラム議長のジャスティーン・サイモンズは「都市には独自の姿を見せるストーリーが必要」と言い、ブルックリンのウォーターフロント計画などを手掛ける建築家のヴィシャーン・チャクラバーティーは「都市計画者はあたかもその未来が見えているかのように計画されるが、意図しない方向へ向かうものである」とコメントするなど、印象的なメッセージが数多く寄せられた。

関連記事【ICF 2014 登壇者インタヴュー】「これからの都市とライフスタイル」:イノヴェイター8人の未来構想

今年は会場を再び六本木アカデミーヒルズに戻し、新メタボリズム、都市と微生物、都市のアイデンティティやエリアマネジメント、デザインの再定義といったキーワードで議論を深めていく。初日の基調講演には、ネグロポンテのほか、バイオアートの先駆者であり、世界初となるアートの視点から研究を行う実験室シンバイオティカを設立したオロン・カッツが登壇。

先端技術セッションでは、自然と共生する新しいメタボリズムに挑戦し、MoMAの若手建築家プログラムに選出されているコロンビア大学デビッド・ベンジャミン、「不可視なものを可視化させる」アイデアで昨年話題になったMIT准教授のケヴィン・スラヴィンが2年連続で登壇する。

都市開発セッションでは、ニューヨークをはじめ世界の都市開発を考察する社会学者として著書『都市はなぜ魂を失ったか』でも知られるシャロン・ズーキンに、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の教授でロンドン・オリンピックの建築・都市計画のチーフ・アドヴァイザーを担当したリッキー・バーデット、二ューヨーク市内の公園を支援する「パートナーシップ・フォー・パークス」を創設したティム・トンプキンスらが登壇する。

アート&クリエイティブセッションでは、ハーバード大学で食・都市・建築の関係性を研究するOMAの重松象平、建築家でありIoT起業家でもあるウスマン・ハックらが登壇する。

関連記事:世界の食問題を、建築はいかに解決できるか? 建築家・重松象平がハーヴァード大で試みた考察

また、アジアのデザイン界にもフォーカスし、日本からは、住民参加型の地域コミュニティをデザインするstudio-Lの山崎亮、アジアでクリエイティブプラットフォームを運営する庄野裕晃に加え、シンガポールやタイのアーティストも登壇する。

英国のメディアセンターであるWatershedの「Playable City」をテーマにしたセッションでは、遊びを通じた都市と市民の新たな関係を探るプラットフォームの議論も行われる。

関連記事:東京で始動する「Playable City」とは、いったいなんだ?

プログラムの詳細はICF 2015の公式サイトで発表されている。

昨年は、世界的な音楽家で、坂本龍一や池田亮司とのコラボレーションにより国内での知名度も高いカールステン・ニコライや、フランス国立図書館を設計したことで有名な建築家のドミニク・ペローをはじめ、2012年までパリ市長助役文化担当を勤め、現パリ第4区区長のクリストフ・ジラール、ロンドン市文化部長ジャスティーン・サイモンズなど、研究者、アーティストだけでなく行政実務家も含めた豪華な面々が来日した。

ICFの前日には、未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、”都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

ArchitectureDesignEventFuture CityICFJoi ItoMIT Media LabWIRED JAPAN