インゴルシュタットに加入した渡邊凌磨(クラブ公式HPより)

写真拡大

 ドイツ・ブンデスリーガ1部のインゴルシュタットは9日、U-23チームにU-19日本代表MF渡邊凌磨が加入すると発表した。

 同チームのステファン・ライトル監督はクラブ公式HPで「凌磨がうちを選んでくれて嬉しい。いくつものユースアカデミーが彼を狙っていたんだ。我々はここでうまくやれるように十分な時間を与えるし、サポートを惜しまない」と歓迎のコメントを寄せ、長期契約であることを明かした。

 またライトル監督は「凌磨には素晴らしいテクニックがあり、ハードワークや高いインテリジェンスも備えている。このチームにとって本当に助けになる補強だ」と渡邊の実力を高く評価している。

 ヘラルド・ゲルトナーSD(スポーツディレクター)も「彼は若く才能のある選手。ただ新しい異国で違った文化に入っていくことになる。凌磨にとって重要なのは落ちついて成長していくことだ。我々のチームに馴染むための時間も与えるよ」と、長い目で才能を伸ばしていく方針を示した。

 インゴルシュタットU-23は4部にあたるレギオナルリーガ・バイエルンで1勝6分2敗と勝ち切れておらず、渡邊には即戦力としての活躍が期待される。

 今夏はブレーメンU-23の練習試合に出場するなど、ドイツに渡って所属クラブを探していた渡邊は、昇格組のチームでトップチームデビューを目指して戦いを始める。

text by 編集部