ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:編集部】

写真拡大

打線も17安打13得点の猛攻

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が9日の日本ハム戦(札幌ドーム)に先発し、無傷の8連勝を飾った。

 150キロ超の直球、スライダーをテンポ良く投げ込んだ。四球と連打で招いた4回無死満塁ではレアードを一飛、佐藤賢を見逃し三振、市川を右飛に。失点は6回の近藤の左犠飛だけ。味方の大量リードに守られ、6回7奪三振、7安打1失点だった。

 チームは今季初の先発全員安打となる17安打13得点。両リーグ最速の80勝に到達し、貯金43。優勝マジック8とした。

 バンデンハークは笑顔でヒーローインタビューに応えた。

――札幌ドームのマウンドは初めてだった。

「とてもいい球場だと思いましたし、楽しんで、たくさんのファンの前で投げることが出来ました」

「この結果は自分一人では出来ない」

――6回1失点。投球を振り返って。

「調子も良かったですし、まず味方が早い回からたくさん点を取ってくれた。(捕手の)高谷もいいリードをしてくれましたし、本当にチームにとって、いい勝利だったと思います」

――来日から無傷の8勝。この成績をどう見るか?

「本当にうれしいです。いつも言っていることですが、この結果は自分一人では出来ない。チームメートに感謝したいですし、いつも応援してくれるファンにも感謝したいです」

――チームは4連勝で80勝に到達。優勝マジック8とカウントダウンが始まった。

「本当にゼロになるまで安心はできない。また、これからも応援よろしくお願いします」

――最後に札幌ドームのファンへメッセージを。

「(日本語で)ありがとうございます」