<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 事前情報◇9日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>
 10日(木)に開幕する国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」。昨年、大会史上最年少の20歳で日本女子プロの頂点に立った鈴木愛が、嬉し涙を流した舞台に戻ってきた。
鈴木愛のここまでの戦いを写真館で振り返る!
 コースは違えど思い出の大会を迎え、「1年前を思い出しますし、この1年あっという間だったと思います」と、感慨深そうに振り返った。
 初めてディフェンディングチャンピオンとして試合に臨む鈴木だが、現在「コーチに見てもらったことでショットもパットもかなり良くなってきました。100点に近いくらい」と調子の良さを強調、満足の行く状態に仕上げてきた。
 また、「昨日、今日合わせて5ラウンド回った」と、難コースへの対策もばっちり。「ここはINが長くて、OUTがトリッキー。伸ばすならINだと思う。フェアウェイキープが大事だと思うのでティショットに気をつけて行きたい」。多くの選手が難しいと語るグリーンも「ここのグリーンは大好き。あとは距離感を調整すれば」と自信を見せる。
 さらに今週は昨年優勝したときに使用していた、マレットタイプのパター(スコッツデールパター ハーフ・パイプ (10年))を「サロンパスカップ」以来、久々にバッグイン。「今使っているピンタイプのパターは直進性が強いので、今週みたいな速いグリーンだと打てなくなると思う。マレットは速くて難しいのに向いている」と、グリーンとの相性を考え、縁起の良いパターを使用することを決めた。
 「今年1番の仕上がりだと思います」と自信みなぎるディフェンディングチャンピオン、連覇へ向けて準備万端だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】ボミ、磐石のクラブセッティングで史上初2週連続完全V!
ボミの2週連続Vを「写真館」でプレーバック!