写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スマートロック「Akerun」を提供するフォトシンスは9月9日、ジャフコ、YJキャピタル、ガイアックス、ベータカタリストの4社から総額4億5000万円の資金を調達したと発表した。同資金はマーケットの伸長に伴う販売戦略の拡大と、製品開発に使用されるとしている。

「Akerun」はアプリを用いてスマートフォンで鍵の解錠・施錠、ゲストへの開閉権限の発行ができるデバイスで、ドアのサムターンの上に取り付けた本体とスマートフォンがBluetoothで連携することで鍵の開閉を行う。

2014年4月より出荷を開始しており、最近ではハンズフリー解錠機能が追加されたほか、スマートウォッチに対応するなど、サービスの拡充が図られている。