ムズムズ、ピリピリ、ダラダラ……。ツラい膣カンジダになんとビフィズス菌が有効であることがわかってきています。ここではビフィズス菌のより効果的な摂取方法や基礎知識についてご紹介しましょう。

膣カンジダに悩む女性が増えている!

膣カンジダ症とは、膣内のカンジダ菌が増えすぎて悪さをし、痒みやおりもの過多、腹痛などを引き起こす病気です。デリケートゾーンの症状なので性病と勘違いしやすいですが性病ではありません。性交によって移ることもある、というだけです。カンジダ菌はカビの一種で、男女とも体内の腸や皮膚、粘膜に住みついています。女性のデリケートゾーンにも常在しています。カンジダ菌はビフィズス菌などの乳酸菌とともに生きているのですが、ビフィズス菌が減ってカンジダ菌の方が優勢になると悪さを始めます。特に女性のデリケートゾーンの場合、強い痒みを伴い白くドロッとしたおりものや白いつぶつぶのあるおりものが多く出ます。腹痛や腰痛を引き起こしたり掻くことで外陰部に炎症を起こすこともあるので、放置すべきではありません。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は人の腸内に多く住んでいる善玉菌で、1兆〜10兆も住んでいると言われています。ビフィズス菌は糖を分解して乳酸や酢酸を生成し、腸内や膣内を酸性に保ちます。酸性に傾くと大腸菌やその他の病原性最近が増殖しにくくなり、病気になりにくくなるのですね。ビフィズス菌は加齢とともに体内から減っていくのですが、酸素のあるところでは生きていけず食物から摂取するのも簡単ではありません。

すべてのヨーグルトが良いわけではない。成分表示をよく見て

ビフィズス菌が増えて、腸内や膣内のカンジダ菌とのバランスが保てれば、嫌なカンジダ症ともお別れできます。女性の場合、出産などでホルモンバランスが崩れるとビフィズス菌も減ってカンジダ症を繰り返す人も少なくありません。積極的にビフィズス菌を摂りたいところですが、ヨーグルト全部にビフィズス菌が入っているわけではないので気を付けましょう。腸まで届くビフィズス菌が多く含まれているヨーグルトやドリンク、サプリメントがおすすめ。カンジダ菌と戦うには、乳酸菌の一種であるアシドフィルス菌も免疫力を高めてくれるので二つが配合されているものが良く効くようです。カンジダ症ばかりでなく、便秘や美肌にも効果的なビフィズス菌を効率よく摂りましょう。


writer:しゃけごはん