JTBCファウンダーズ・カップツアー2勝目を挙げた19歳のキム・ヒョージュ(Photo by Christian Petersen/Getty Images)

写真拡大

<ゴルフ情報ALBA.Net>
<エビアン選手権 事前情報◇9日◇エビアン・リゾートGC(6,476ヤード・パー72)>
 10日(木)からフランスのエビアン・リゾートGCにて開幕するエビアン選手権。米国女子ツアーのメジャー5番目、今季最後のメジャー大会である今大会は、2013年に米国女子ツアーのメジャーへと昇格した。
米国女子ツアーを写真でチェック!
 メジャー昇格後は、2013年にスーザン・ペターセン(ノルウェー)、昨年はキム・ヒョージュ(韓国)が優勝している。
 
 ヒュージョは昨年のエビアン選手権でメジャー大会デビューを飾り、大舞台の第1ラウンド“61”をマーク。男女通してのメジャー記録を打ち立て、素晴らしい成績を残した。
 そのまま好プレーを続けたヒュージョは、カリー・ウェブ(オーストラリア)に1打差をつけて最終ラウンドへ。ウェブが1打リードでむかえた72ホール目、このままウェブが8度目のメジャータイトルを勝ち取るかと思えた。しかしキムが12フィートのバーディパットを沈め、11アンダーに並ぶと、ウェブの難しいグリーンサイドからの10フィートのチップショットはカップを過ぎ、パーパットも外したためメジャータイトルは彼女の手からすり抜けていった。
 ヒュージョは米国女子ツアー史上3番目に若いメジャーチャンピオンとなり、2015年にLPGAメンバー資格を得た。現在世界ランキング5位であり、インビー・パーク、ユ・ソヨンに続いて韓国人選手の中で3番目につけている。2015年にはJTBCファウンダーズ・カップで優勝し、これまで7度のトップ10フィニッシュを果たしている。ヒョージュは現在“ルイーズ・サッグス・ロレックス・ルーキー・オブ・ザ・イヤー”においてもキム・セイヨンと56ポイント差でランクは2位につけている。
----- 
 エビアン選手権は2000年にLPGA認可の大会となった。以下が歴代優勝者たち。2012年インビー・パーク、2011年宮里藍、2010年申ジエ、20009年宮里藍、2008年ヘレン・アルフレッドソン、2007年ナタリー・ガルビス、2006年カリー・ウェブ、2005年ポーラ・クリーマー、2004年ウェンディ・ドゥーラン、2003年ジュリ・インクスター、2002年アニカ・ソレンスタム、2001年レイチェル・テスク、2000年アニカ・ソレンスタム。
※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連記事】
ボミが世界ランク23位に浮上、大山志保が日本勢最上位に返り咲く
【米国女子ツアー】ハイライト・インタビュー動画配信中
松山英樹が世界選抜に選出!兵役のベ・サンムンもメンバー入り
J・スピースが1週間で世界ランク1位に返り咲き!
自分で書いた台本通り ファウラーのメンタル面の成長【舩越園子コラム】