負傷したイングランド代表MFファビアン・デルフ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFファビアン・デルフが、現地時間8日に行われたEURO予選スイス戦で負傷してしまった。

 この試合で先発出場を果たしたデルフだったが、試合が始まったわずか9秒後に左足のハムストリングの部分を痛めて座り込む。そして、MFロス・バークリーと交代して負傷退場することとなった。

 シティはオフィシャルサイトで12日のプレミアリーグ第5節クリスタル・パレス戦と15日のチャンピオンズリーグ(CL)ユベントス戦を欠場する見込みだと明かしている。

 デルフは今年7月にもインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)のレアル・マドリー戦で左足のハムストリングを負傷し、数週間の離脱を余儀なくされている。

 今夏にアストン・ヴィラからシティに移籍金800万ポンド(約15億円)で加入したものの、リーグ戦での出場は2試合で15分間のみ。ようやく本格的にリーグ戦へ臨めるという矢先の負傷となってしまった。

text by 編集部