システム内ではマイナンバーは常に暗号化されており、検索ワードも毎回暗号化されるため、アクセスログの解析などでも個人情報の推測が困難なシステムとなっている(画像はプレスリリースより)

写真拡大

 日立ソリューションズは8日、マイナンバーを暗号化したまま検索から保管、利用を可能とする「マイナンバーセキュア管理システム」を10月1日から販売することを発表した。

 日立製作所が特許技術を持つ秘匿検索技術により、収集したマイナンバーを暗号化してデータベースに保存し、実際に運用する場合も、暗号化したままのマイナンバーで検索・利用できる仕組みとなっている。

 これにより、仮に不正取得やマルウェア攻撃などを受けた場合でも、マイナンバーは暗号化されているので容易には解読できない。

 既存の人事・給与システムや帳票システムなどに追加することで、安全性の高い環境を構築することを可能としている。

 本システムは、マイナンバーを自社で管理する企業などを対象としており、価格はマイナンバー登録数500の場合で150万円/年〜となっている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI
オフィスセキュリティ特集