第二十条 (信教の自由)

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を 受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

(2) 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

(3) 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

(つづく)