『料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命』ポスタービジュアル ©2014 Chiwake Films, All Rights Reserved

写真拡大

映画『料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命』が、11月14日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る】

同作は、ペルーの国民的英雄ともされる料理人ガストン・アクリオを題材にしたドキュメンタリー。1994年に25歳で母国にレストラン「アストリッド&ガストン」をオープンさせたガストン・アクリオは、その後アメリカやヨーロッパ、南米の各国に店を構えているほか、貧しい子どもたちも学ぶことができる料理学校を設立するなど、様々な活動を展開している。

映画はアクリオの素顔や、食で国を変えようとする彼の情熱を捉えた作品。今年の「The World's 50 Best Restaurants」のトップ10にランクインしているデンマークのレストラン「NOMA」のシェフであるレネ・レゼピ、イタリア「OSTERIA FRANCESCANA」のマッシモ・ボットゥーラ、ブラジル「D.O.M」のアレックス・アタラ、スペイン「MUGALITZ」のアンドニ・アドゥリスに加え、ペルーで食材の生産に携わる人々や学校で料理を学ぶ子どもたちも登場する。

なお同作は、10月31日から開催される『第6回東京ごはん映画祭』で先行プレミア上映される。