ギャル曽根ブログ『ご飯は残さず食べましょう』より。

写真拡大

 大食いタレントのギャル曽根が5日、自身のブログに、ロケで同行していた安藤美姫から足のマッサージを受けている写真をアップ。ロケバスの中でしゃがみ込み、ギャル曽根の足を甲斐甲斐しくマッサージする安藤の姿に「ギャル曽根の付き人みたいだ!」という声が上がる一方で、「大阪のおばちゃんか!」という、失笑交じりのコメントがネット上では飛び交っているようだ。

「安藤のファッションセンスのなさは、現役時代から指摘されていました。『ヒルナンデス!』に出演した際には、ファッションプロデューサーの植松晃士に『プチおブス』の烙印を押されています。泉ピン子に似ていると指摘されることがあるので、ブログに写っているような服を着てしまうと、余計にババ臭く見えてしまうようですね」(芸能関係者)

 ネット上では、「好感度を上げるために、ギャル曽根に投稿させたのでは?」と疑う声も上がっているようだ。

「父親を公表せずに出産をしてから、安藤はすっかり嫌われ者になってしまいました。それが原因なのか、今年2月に放送された『しくじり先生 ゴールデン ダメ家族改善スペシャル』(テレビ朝日系)に浅田舞が出演した際、高校時代、ロッカールームの中の練習道具を全て部屋の外に放り出される等のいじめに遭っていたことを告白すると、『いじめの首謀者は安藤だったのではないか?』という、あらぬ嫌疑までかけられてしまいました。安藤からしてみれば、なんとしてでも好感度を回復したいところでしょうね」(同)

 gooランキングの『ママ友になりたくない芸能人ランキング』では、神田うの、江角マキコに次いで3位にランクインするなど、嫌われタレントランキング上位常連となってしまった今の安藤にとって、視聴者からの好感度は、現役時代の金メダルと同じぐらいに価値あるものだろう。