バルセロナが狙うMFソフィアン・フェグリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 来年1月まで補強禁止処分を受けているバルセロナが、リーガエスパニョーラのバレンシアに所属するアルジェリア代表MFソフィアン・フェグリの獲得を狙っているようだ。8日のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 バルセロナのスポーツディレクター(SD)を務めるロベルト・フェルナンデス氏は同紙のインタビューに対して、来年1月の移籍市場で獲得を望む選手が複数いることを明かし、その一人がフェグリであることを明言している。

 バレンシアとの契約が2016年6月までとなっており契約満了が近づいているが、年俸の増額を求めているフェグリに対してクラブ側が聞き入れようとしないため契約延長に至っていない。そこで、バルセロナはその状況を利用してフェグリに接触しようとしているようだ。

 昨季公式戦33試合で6得点を決め、今季も公式戦3試合出場して1得点を決めている。バレンシアでは5年間過ごしてきた主力選手ではあるが、契約延長が叶わないのであれば、他のクラブに移籍する可能性もありそうだ。

text by 編集部