沿海州の東海上と本州の東海上に低気圧があって発達しながら北海道に近
づいている。

■ 宗谷支庁
稚内地方気象台は29日午前、宗谷北部と利尻礼文に暴風雪、波浪警報を発令した。

 宗谷北部と利尻礼文では、29日昼前まで雪を伴った東の風が非常に強く、最大風速は海上や岬で25メートル、陸上25メートル、海の波の高さは6メートルと大しけ。猛吹雪による交通障害、突風、高波に警戒が必要。

■渡島、檜山支庁
函館海洋気象台は、29日午前、渡島北部、渡島西部、檜山南部、檜山奥尻島に波浪警報を発令した。

 渡島東部、渡島西部、檜山南部、檜山奥尻島では、29日昼過ぎから宵のうちにかけて海は大しけとなり、波の高さは6メートル。高波に警戒が必要。渡島、檜山地方では突風、なだれに注意。

■ 秋田県
秋田地方気象台は29日午前、沿岸、秋田中央地域、能代山本地域、本荘由利地域に暴風雪と波浪警報を発令した。

 沿岸では、海上を中心に29日昼過ぎから宵のうちにかけて、西の風が雪を伴って非常に強く、海上・海岸ではしける見込み。暴風と高波に警戒が必要。

 秋田中央地域、能代山本地域、本荘由利地域では、29日昼過ぎから宵のうちまで、西の風が強く、最大風速は陸上で18メートル、海上で20メートル。波は、29日昼過ぎから宵のうちまで6メートル。なだれと地吹雪に注意が必要。【了】

livedoor天気