2得点を決めて輝きを放った香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

2得点の香川が掴んだ確固たる自信

 日本代表は8日、中立地イランで行われたロシアワールドカップ・アジア二次予選のアフガニスタン戦で6-0の大勝を収めた。この試合、輝きを放ったのは香川真司だ。日本代表の10番は、鮮やかなミドルシュートによる先制点を含む2ゴール。これまでなかなか代表で本来のパフォーマンスを発揮できなかった香川だが、この試合では久しぶりに“10番らしい”躍動感を見せた。

----------

「次はしっかり決めれるように、しっかり準備してやれればいいと思います。ゴールの枠に飛ばすこと。あまり考えずに、来たボールをしっかりと打つだけだと思ってるんで、それをやっていきたい」

 3日の2018年ロシアワールドカップ・アジア二次予選カンボジア戦(埼玉)の前半43分、武藤嘉紀(マインツ)からのプレゼントパスをフリーの状況でGKに当ててしまうという信じがたいミスを受け、香川真司(ドルトムント)は無心でゴールに向かっていくことを改めて誓った。

 それを彼はいきなり実践してみせる。8日のアフガニスタン戦(テヘラン)の開始10分、ペナルティエリア左外で原口元気(ヘルタ)から横パスを受けた瞬間、彼は巧みなトラップから反転し右足を一閃。強烈なミドルシュートをゴール左隅に叩き込むことに成功する。

 この日の日本代表は、気温30度超の暑さ、湿度20%の乾燥、標高1200mの高地、アザディスタジアムに大挙して陣取ったアフガニスタンの熱狂的ファン、そして水の撒かれなかった深い芝生のピッチと、あらゆる面で難易度の高い環境での戦いを強いられていただけに、早い時間帯の先制点はチーム全体を安堵させた。

「ピッチ状態は試合前から分かっていましたし、細かいプレーというよりはダイナミックなプレーを意識しました。元気がドリブルでうまくかわしてきたので、自分にもパスコースができたし、そこの連携はよかったんじゃないかと思います。

 自分もしっかりと試合に入れてましたし、そういう入りができたのはよかった。こういう厳しい中で前半のゴールはチームに勢いや安心感をもたらす。そういう意味ではよかった」と本人も確固たる自信をつかんだ様子。芝生を蹴り上げて悔しがった5日前の香川とは別人の落ち着きを漂わせていた。

「僕らのエース」。太鼓判を押す長友

 この1点を皮切りに、彼は水を得た魚のようなイキイキとしたパフォーマンスを披露。トップ下から前後左右に幅広く動いてチャンスメークに積極的に加わった。35分の森重真人(FC東京)の2点目も香川の左CKが起点になっていた。

 さらに後半開始早々の4分には、原口とのワンツーから左サイドの角度のないところに抜け出して自身2点目となるゴールをゲット。スコアを3-0とし、完全に勝利を決定づけた。

 後半30分過ぎに武藤と交代するまで、ボランチと絡んで相手を挟みに行ってボールを奪うなどアグレッシブさを前面に押し出し続けた香川は、ボルシア・ドルトムントのパフォーマンスそのままに、躍動感に満ち溢れていた。

「日本代表に来ると本来の力を出し切れない」とアルベルト・ザッケローニ監督時代から言われ続けてきた香川が、これほどの輝きを示したのは本当に久しぶりだ。2011年アジアカップ(カタール)の準々決勝・カタール戦、あるいは2013年コンフェデレーションズカップ・イタリア戦(レシフェ)以来と言ってもいいかもしれない。

 もちろん相手が格下のアフガニスタンではあったが、いい感覚を取り戻すというのはどんな相手でも重要。彼にとっては大きな転機になりそうだ。

 この5年間、後方からずっと彼をサポートし続けてきた長友佑都(インテル)は「僕は全く心配もしてなかった。あれだけ経験があって素晴らしいクラブで結果を残してる選手だから、自ずと結果はついてくるなとは思ってました。先制点のような形も彼のストロングポイントだし、代表でどんどんチャレンジしてほしい。やっぱり10番背負ってる僕らのエースでもあるんでね」と潜在能力の高さに太鼓判を押していた。正直、周りもホッとしたのではないだろうか。

日々迫る偉大な先輩の背中

 かつてザッケローニ監督が「インテンシティー(回転数・強度)」という言葉をよく使ったが、日本代表のインテンシティーは香川が好調でないと上がらない。やはりこの男がスイッチを入れるか否かでチームの攻撃の迫力がガラリと変わる。そのことを再認識させた今回の一戦だった。

 それだけ手ごたえのある仕事をしたのだから、それを今後も継続し、研ぎ澄ませていくことが肝要だ。今回の2ゴールで代表通算得点が23になり、高原直泰(相模原)に並んだ。あと1点で前任の10番・中村俊輔(横浜FM)に追いつくことになる。その背中を香川はずっと追いかけてきたのだ。

 まだ19歳だった2008年、平成生まれ初の日本代表選手としてに岡田武史監督(現FC今治代表)に招集され、すぐに初キャップを踏んだ彼は、中村俊輔が初招集から2年間も国際Aマッチデビューを果たせなかったことを耳にして「俊さん、そんなに苦労したんですか…」とため息交じりに話したことがある。

 その苦労人が10年近く守ってきたエースナンバーを引き継いだ以上、いつかはその存在を超えばければならない。その日が確実に近づいてきたのだ。

 それが10月8日のシリア戦(マスカット)なのか、その後なのか分からないが、とにかく香川はドルトムントで輝きを放ち続けることが第一だ。1ヶ月後もこの日のような彼をぜひ見たい。

text by 元川悦子