代表100勝利を達成したセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

写真拡大

【マケドニア 0-1 スペイン EURO2016予選】

 スペイン代表でプレーするレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスは、現地時間の8日に行なわれたEURO2016予選マケドニア代表戦の勝利で歴史に名を刻んだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 同紙によると、S・ラモスはマケドニア戦での勝利で史上3人目となる代表戦100試合勝利を達成した。同選手はスペイン代表として2005年3月26日の中国代表戦で3-0と初勝利を飾った。その後、1度のワールドカップ優勝、2度のEURO優勝を成し遂げ、スペインの赤色のユニフォームに身を包み130試合を戦ってきた。

 歴史上、代表戦100勝利以上を達成しているのは全てスペイン人で、同代表GKイーケル・カシージャスが163試合118勝利、元同代表MFシャビ・エルナンデスが133試合100勝利で続いている。代表戦勝利数トップ10で代表現役はカシージャスとドイツ代表MFルーカス・ポドルスキー(126試合83勝利)だけであり、現在29歳のS・ラモスはトップを狙うことは十分に可能を残している。

text by 編集部