ビジネスシーンにもマッチする落ち着いたデザイン

写真拡大

パソコンショップのドスパラ(東京都千代田区)は、15.6型ノートPC「Critea(クリテア) DX10」を2015年9月下旬に発売する。直販価格は6万9980円(税別)〜。

「Wndows 10 Home」プリインストール

CPUは、14ナノメートルプロセスで製造され、高い演算処理能力と省電力を両立した最新の第6世代インテル「Core i3」プロセッサー「Skylake」を搭載。デュアルコアと「インテル ハイパースレッディングテクノロジー」による最大4スレッドの同時並行処理により、複数のアプリを併用するビジネスシーンなどでも軽快に動作する。

15.6型フルHD液晶を備える。シンプルな筐体にアルミ調の天板を組み合わせた、落ち着いたデザインを採用。サイズは幅38センチ、奥行26センチで、移動中の車内など狭いスペースでも扱い易いという。

OSは「Windows 10 Home」をプリインストール。メモリーが4GB DDR3L、ストレージが500GB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。無線通信はIEEE802.11b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポートする。インターフェイスはUSB 3.0、HDMI、D-sub、有線LANなどを備える。