イタリアの赤ワイン「“ヨーリオ” モンテプルチアーノ ダブルッツォ」(レギュラー572円)

写真拡大

9月4日、ワインを気軽に楽しめる「新宿ワイン倶楽部」が新宿にオープン。リーズナブルなワインと共に、ビストロ・イタリアン料理などを提供する。

【写真を見る】何種類も楽しみたい人のための「エンジョイ」サイズ(378円〜637円)

■ ワインにピッタリな生ハムやピッツァも

通常はボトルでしか提供しないという、白ワイン「サンセール」(レギュラー637円)や、赤ワインの「“ヨーリオ” モンテプルチアーノ ダブルッツォ」(レギュラー572円)、「ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィニエ」(レギュラー637円)など、常時10種類以上のワインをグラスで楽しめるのが魅力。たっぷり飲める「レギュラー」サイズ(150cc)と、少しずつ楽しみたい人向けの「エンジョイ」サイズ(90cc)の2種類を選べるので、例えば1皿ごとに違ったワインを楽しむのも手だ。ボトルワインは常時60種類以上を揃え、1本2970円から。

おつまみにピッタリの「切り立て!生ハムとサラミの盛り合わせ“ハムプラッター”」(レギュラー1274円、ハーフ918円)など、ワインと相性抜群のビストロ・イタリアン料理やカジュアルな小皿料理は、全40品をラインナップ。500℃の高温で焼き上げる「ナポリ風ピッツァ」(全6種類1015円〜)も見逃せない。

店内の白とエメラルドグリーンのタイルを使用したショーケースには、生ハムや魚介、肉などが並べられており、中央フロアには臨場感あふれるオープンキッチンも設置。

食欲をかき立てる魅力たっぷりの空間で、気になるワインを思う存分に飲み比べてみよう。【東京ウォーカー】