パスワークからの岡崎弾に大満足のハリル「理想的な形だった」

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が8日に行われ、日本代表はアフガニスタン代表と対戦し、6−0の快勝を収めた。

 試合後、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「アフガニスタンは、もう少し高い位置から仕掛けると思ったが、そうではなく守備を選んだ」と振り返ると、「素晴らしい勝利だった。6点とるのは簡単なことではない。選手にはブラボーと言いたい。我々は(勝利を)続けていくだけだ」と勝利を喜んだ。

 6得点を奪うゴールラッシュの大勝を収め、ロシアW杯予選2連勝でグループE・2位に浮上。「オフェンス面で、いろいろな発展を試みている」と明かすハリルホジッチ監督は、「美しいゴールも、素晴らしいアクションもいくつかあった。岡崎(慎司)のゴールは理想的な形だった」と選手のパフォーマンスに満足感を示した。

 同監督は、70分にDF酒井宏樹を下げてFW宇佐美貴史を投入。左サイドで先発出場したMF原口元気を右サイドに配置した。自身も「おかしいと思われるような交代」と口にしたが、「かなりオフェンシブに働きかけた。原口を右サイドしたのは、もっと点が欲しかったからだ」と追加点を狙っての采配だったと説明。さらに、「原口のサイドバックはセンタリングを増やすためだった。リスクを負ってもいいような点差だった」とその狙いも明かしている。

 そして、「このチームは、まだ向上の余地がかなりあると思う」と続けると、「次はシリアだが、彼らは過去に日本を倒している。そして日本が、どのようなレベルにあるのか考慮する必要がある。われわれは発展のためにトレーニングを続けるが、それは今日よりもさらに高いレベルに行けると信じているからだ」と力強くコメント。「今後はさらにクオリティーが高い相手と戦うことになるので、それに向けた準備が必要となる」と次の試合を見据えた。

 また、アフガニスタンについては、「非常に素晴らしく戦う意識を持ったチームだと思った。今日はもう少し攻撃をしてくれたほうがよかった。国内情勢も踏まえて難しい状況もあると思うが、フットボールに関してはしっかり向上してほしいと思う」とエールを送った。

 日本代表は、10月8日に行われる同予選で、オマーンの首都マスカットにてシリア代表と対戦する。