香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 6-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は8日、イランのアザディスタジアムで行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦でアフガニスタンと対戦し、6-0で勝利した。

 大量得点の狼煙を上げたのは、背番号10の一振りだった。日本が主導権を握った中で迎えた10分、原口元気のパスを受けた香川真司は鋭い反転で相手を置き去りにすると、強烈な右足ミドルを突き刺した。

「いい形でシュートを打てた」という先制弾で相手にダメージを与えると、後半にもGKのポジションを確認し、冷静にゴールへ流し込む。2得点を挙げ、チームを勝利に導いた。

 左の原口とのコンビネーションも良く、アフガニスタンの守備陣を翻弄し続けた。ドルトムントで好調を維持しながら、カンボジア戦ではビッグチャンスで“まさか”といえるシュートミス。その後に1点を奪いはしたが、逸機の方がクローズアップされてしまった。

 この日の香川は活き活きとピッチを駆け、ボールタッチも滑らかだった。ピッチコンディションも決して良好ではない中、「細かいプレーよりダイナミックなプレーを意識した」というように、積極的な姿勢が目立った。PA外から狙った1点目の場面は香川の大胆さが表れていた。

 攻撃陣を牽引し、しっかり結果も残した。2次予選という舞台ではあるが、この日の香川の躍動ぶりは今後に期待を抱かせるものだった。

text by 編集部