左サイドで先発し、香川の先制ゴールをアシスト。積極的な仕掛けに加えて周りを活かす的確な判断も見せ、崩しの形に絡んだ。終盤には慣れない右SBをこなした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

ワールドカップ・アジア2次予選の日本対アフガニスタンは9月8日、アザディ・スタジアムで行なわれ、日本は6-0で勝利した。
 
 この日、左ウイングで先発して1アシストをマークした原口のコメントをお届けする。
 
原口元気(ヘルタ・ベルリン/FW)
 
――今日は左サイドで先発しました。
 
「良いコンビネーションでできたと思いますし、6点取れたので。自分でも点を取りたかったですが、1回くらいしかチャンスがなかったので。僕自身、もっとシュートチャンスに絡んでいきたかったとは思います」
 
――動きはキレていたように見えました。
 
「ドリブルをしても身体の調子はすごい良かったですし、チャンスメイクの部分では良いイメージでできていました」
 
――カンボジア戦のあと、左サイドから中央に入るなど、選択肢があると言っていましたが、今日はいろいろな選択肢が見せられましたか?
 
「そうですね。(香川)真司くんが来たりとか佑都君が上がってきたりとか。そうやって3人で上手く崩せていました。実際にプレーしていて、手応えは掴めたかなと思います」
 
――チーム全体として、サイドの深い位置を起点にしていました。いつもより(サイドに)開いていたような意識が感じられましたが、そのあたりの指示は?
 
「いろんなアイデアを監督からもらっていますが、そのなかでどれを使うかっていうのは選手が判断してやっていくことなので。この試合では、僕が一度サイドで起点を作って、そこからっていうのが結構ハマって、前半はそういう形で良いチャンスを作れた。後半はもう少しダイレクトプレーを増やせとか、もう少し中央に入りながら裏を狙ってほしいという指示があったので、そういう動きが後半は少し多くなりました」
 
――得意の左サイドでもっとドリブルを仕掛けるかと思いましたが、逆サイドに振るなどバリエーションのある攻撃ができていましたね。
 
「やっぱり真ん中がすごい固められているので。僕自身、入っていきたいタイミングもありましたけど、コンビネーションを上手く使おうと心掛けていました」