香川躍動!! 2戦連発&2得点「大差で勝ち切れて良かった」

写真拡大

[9.8 W杯アジア2次予選 アフガニスタン 0-6 日本 テヘラン]

 日本の背番号10が躍動した。トップ下として先発出場したMF香川真司は前半10分に2試合連続ゴールとなる先制点を叩き込むと、後半4分には自身2点目を突き刺して日本の大勝に貢献した。

「思い切って打ったのですが、入って良かったです」。前半10分の先制点の場面。左サイドから切れ込んだMF原口元気からパスを受けた香川は、鮮やかな反転からシュートまで持ち込むと、右足から蹴り出されたボールはネットを揺らして日本に先制点がもたらされた。

 さらに2-0とリードして迎えた後半4分には、FW本田圭佑のパスからPA内に進入すると、原口とのパス交換から左足を振り抜いて自身2点目を突き刺した。「冷静に決めることができました」と振り返った香川は、その後も精力的にボールに絡み、同12分には鮮やかなスルーパスをMF山口蛍へと通してFW岡崎慎司の得点の起点となった。

 “アウェー”での大勝に「こういう環境で、ファンの声援もすごい中でしっかり大差で勝ち切れたことは良かったです」と話した香川。次戦は1か月後の10月8日、中立地オマーンでのシリア戦を迎えるが、「シリアとはいつも厳しい試合をしているので、1か月間、所属チームで準備をして、良い形で集まれるように頑張ります」と意気込んだ。


●ロシアW杯アジア2次予選特集