先制の11号3ラン「打った瞬間に入ったと思った」

 ソフトバンク・内川聖一外野手が8日の日本ハム戦(旭川)で、2年ぶりの1試合5打点と大暴れした。

 まさに4番の仕事だった。初回1死一、二塁。メンドーサから左翼中段まで飛ぶ先制の11号3ランを放つと、2回1死満塁でもメンドーサのツーシームを中前2点打。1試合5打点以上は5打数5安打6打点した13年5月19日の中日戦(ヤフオクドーム)以来だ。

 4日の楽天戦(ヤフオクドーム)から4戦3発の量産ぶり。2008年から7年連続で打率3割以上をマークしている安打製造機。右打者では史上初の8年連続の打率3割超えへ調子を上げてきた。

 チームも8-5で勝利し、優勝マジックは10に。試合後のヒーローインタビューでは笑顔満開で振り返った。

――初回は先制のチャンスだった。どんな気持ちだったか?

「最初のチャンスでしたし、今日の先発が(東浜)巨でしたので、先に点を取ってあげることが大事と思っていた。自分の気持ちと結果が結びついてくれて、うれしいです」

――7球粘っての先制3ラン。感触は?

「芯に当たりましたので打った瞬間に入ったと思いましたけど、そこに行き着くまで長かったです。メンドーサ投手もいい投手でしたので、なんとかしたいという気持ちだけでした」

「マジックはゼロになるまで終わりません」

――第2打席は2回1死満塁だった。

「先制はしてましたけど、次の1点がすごく大事だと思っていた。先に点を取るのはチームには有利。気を休めることなく、手を緩めることなくやらないといけなかった」

――1試合5打点の活躍だ。

「前の打者がチャンスを作って回してくれたおかげです。1、2打席目で打てましたけど、3、4、5打席で打てなかったのは今年の僕かなと思う。もう1本、2本の安打を打てるように、シーズン終わるまで頑張ります」

――2位との直接対決の初戦を勝ち、優勝マジック10になった。

「減りましたけど、マジックはゼロになるまで終わりませんしね。今日の試合をやって分かるように、日本ハムさんの最後まであきらめない姿勢は、僕らも怖い部分があります。ゼロになるまで気を抜かないように頑張らないと、と改めて思いました」

――9日から札幌ドームでの日本ハム2連戦へ向けて。

「昨日の夜は旭川のおいしい物をいただきまして。昼も旭川ラーメンをいただいて、すごい活躍が出来た。本当に旭川の大地のおかげだと思ってますし、今日応援してくれたファンのおかげ。この力を札幌まで持っていきたいと思いますし、マジックがゼロになるまで応援よろしくお願いします」