ダビド・デ・ヘア【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーへの移籍に失敗し、マンチェスター・ユナイテッド残留となったダビド・デ・ヘアは再び正守護神の座に戻るようだ。英紙『テレグラフ』が報じた。

 現在スペイン代表に合流しているデ・ヘアは8日のマケドニア戦を終えてユナイテッドへ戻り、12日のリバプール戦に先発出場する見込みとなっている。

 移籍の可能性が高くなったシーズン開幕当初はルイス・ファン・ハール監督によってベンチメンバーからも外され、ゴールマウスには新加入のセルヒオ・ロメロが立っていた。しかし、リーグ戦ここ2試合で勝ちがなく結果が出ていない。

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督はマケドニア戦に向けて「彼は起用できるコンディションにある」とデ・ヘアの状態の良さを強調しており、試合勘の問題はクリアされているようだ。

 デ・ヘアはプレシーズンのアメリカ遠征でゴールを守っており、新加入の選手たちとの連携にも不安はない。あとはプレーに集中できるメンタルが整っているかをファン・ハール監督が見極めるだけとなっている。

text by 編集部