独身女性必見! お金持ち男性を見わけるポイント4つ

写真拡大

どうせ結婚するならお金持ちの男性がいいと考える女性は多いでしょう。どれだけあっても困らないのがお金であり、お金があることによって少なくとも経済的な心配はなくなりますよね。そこで今回は、お金持ちの男性を見わけるポイントを、社会人の女性に聞いてみました。
 ■身に着けているものが高価

・「ブランド品を持っているか。ブランド品くらいしか判断基準がないので」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「持ち物。ブランドでなくても、いいものを使っているか」(32歳/学校・教育関連/技術職)

身に着けている物はとてもわかりやすい判断基準です。ハイブランドの小物類は一発で高いものとわかりますが、もっと上級者になるとブランドのロゴには頼らない上質なものを持っていたりしますよね。オーダーメイドなどはその最たる例かも。

■身なりが整っている

・「靴。靴がキレイに磨かれている人。そして、こだわりを持っている人はお金持ち」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「清潔感がある、ない。なんとなく清潔感が出ている」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

小汚い格好をしている人を見て、お金持ちだと感じる人はあまりいないでしょう。お金に余裕がある人は、自分の身なりに気を配る時間を惜しまないもの。清潔感とお金持ちの雰囲気は似ている側面があるかもしれませんね。

■お金の扱い方が慣れている

・「穏やかさ。お金を払うときの雰囲気。すべてにおいて余裕があること」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「支払い方がスマート」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

お金の支払い方には経験の差が出ます。相手が席を立った合間に支払いを済ませるなど、相手に財布を出す隙を与えない支払い方は、普段から支払う立場でいるからこそできることですよね。

■品がある立ち居振る舞い

・「本当のお金持ちは自慢したりしない。でもそれなりにいいものを持っている」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「振る舞いに育ちのよさが出ると思うのでそこを見る。食事のマナーとかわかりやすいと思う」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

自分の持っているものを自慢する人はあくまでも他人目線で買い物をしているもの。お金持ちは自分が気に入るかどうかという判断基準で買い物をするので、他人に自慢することはないですよね。そんな普段の立ち居振る舞いは、お金持ちの見極めポイントと言えるかもしれませんね。

お金持ちの男性に共通しているのは、すべてにおいて余裕があることです。金銭的な余裕は、時間の使い方や普段の言動にも余裕を与えます。お金持ちの男性の魅力は、経済的に裕福であることよりもその洗練された雰囲気にあるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳〜34歳の働く女性)