アーセナルが関心を示すスイス代表FWブレール・エムボロ【写真:Getty Images】

写真拡大

 この夏にストライカーの獲得を逃したアーセナルは、次の移籍期間にスイス・スーパーリーグのバーゼルに所属する18歳のスイス代表FWブレール・エムボロの獲得を考えているようだ。7日の英紙『エクスプレス』が報じている。

 アーセナルは、レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマやパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ獲得に動いていたものの、高すぎる移籍金などが理由で今夏での獲得は諦めていた。しかし、リーグ戦4試合で3得点しか決めていない現状から、新たなFW探しに動いている。

 同紙によれば、来年1月の移籍市場に向けて、エムボロ獲得のために1000万ポンド(約18億2000万円)のオファーを準備しているようだ。トッテナムも興味を持っているとされており、昨季公式戦42試合で17得点を挙げている若きストライカーに注目が集まっている。

 今季は公式戦9試合に出場し3得点を挙げ、18歳でありながらチームの主力として活躍している。来年の1月には日本代表FW柿谷曜一朗が所属しているバーゼルから、プレミアリーグに飛び立つかもしれない。

text by 編集部