両ゴール裏にスタンドはなく、観客席はメインとバックだけ。地元紙『モルグンブラディズ』によれば、観衆は9800人。ユーロという大舞台行きをかけた会場にしては、想像以上に牧歌的な雰囲気が漂っていた。

 気温はまだ9月頭だというのに約10℃。加えて海からそそぐ冷たい風に雨が激しく舞い、ウールのセーターやダウンが必要なほどだった。それでも、大西洋の最北部に浮かぶ小国アイスランドの首都レイキャビクのラウガルダルスフェラー国立競技場は、キックオフ前から十分な熱気で満ちていた。

 人口わずか32万人。ざっくり言えば、筆者が住んでいる中野区と同規模のアイスランドは6日、ホームでカザフスタンと引き分け(0−0)、2試合を残してユーロ2016本大会出場を決めた。

「予選が始まる前には自分たちが本大会に行けるなんて想像もしていなかった」

 試合後、多くの選手がそう話した通り、アイスランドは周囲の予想を覆す快進撃を続け、W杯を含めた初のメジャートーナメント行きの切符を手にしたのである。

 カザフスタン戦は動きに硬さが見られ、序盤は予選でここまで勝ちのない相手にペースを握られたものの、32分にエースのギルフィ・シグルドソンの惜しいシュートをきっかけに流れを取り戻した。

「勝ち点を挙げればユーロ出場が決まるというなか、いつも以上にプレッシャーがあったのかもしれない。それでもチャンスが作れていただけに勝ち切れなくて残念」(G・シグルドソン)

 所属するイングランドのスウォンジーでは2列目の攻撃的な役目を担うG・シグルドソンだが、アイスランド代表では4−4−2のセントラルMFとして、今予選では8戦5ゴールの大活躍。このカザフスタン戦でも、まさに攻守の要という存在で、チャンスにつながるシーンには必ず彼の姿があった。

 カザフスタン戦で引き分けOKの状況になった裏には、これまでオランダ、チェコ、トルコなどの強国に対して、着実に勝ち点を積み重ねてきた安定した戦いがあった。一時は代表から引退し、現在は中国の石家荘永昌に所属する36歳のベテランFWエイドゥル・グジョンセンはこう振り返る。

「どの試合の勝利も印象的だったが、とりわけ3日前、敵地でのオランダ戦の勝利(1−0)がすべてだった。2年前のブラジルW杯予選のプレーオフでクロアチアに敗れた教訓を生かすことができた」

 予選全体を通して見れば、有力と見られたオランダとの直接対決に連勝できたのが大きかった。スーパーサブ的な役割としてチームに復帰したグジョンセンも、来年のユーロまではプレーするつもりだという。

 今回からユーロ出場チームは16から24に増加する。それもアイスランドが早々に出場を決められた要因のひとつだが、2012年の就任以来、チームをワンランク上のレベルへ引き上げたとして評価されるスウェーデン人のラーシュ・ラーゲルベック共同監督はこう語る。

「小国であることが、むしろコミュニケーションを密にし、チームが一体化する上ではいい方向に出た。わたしはこれまでスウェーデン代表監督として2度ユーロで指揮を執ったが、(人口約960万の)スウェーデンとアイスランドでは、その重要度は大きく異なるんだ」

 コンビネーションという点で言うならば、G・シグルドソンやキャプテンのアーロン・グンナルソン(カーディフ)、ビルキル・ビャルナソン(バーゼル)ら、2011年にU-21欧州選手権を経験したメンバーが現在のアイスランド代表の主力になりつつあることも大きかった。

 ちなみにアイスランドではサッカーはハンドボールに次ぐ人気で、招集23人のメンバーの中に、国内でプレーする選手は2人のみ。スタメンはすべて国外でプレーする選手で、国別ではイングランドが3人、スウェ−デンが2人、スイス、ノルウェー、ロシア、フランス、オランダ、デンマークが各1人となっている。アイスランドにはプロフェッショナルのサッカーリーグがないため、約100人の選手が国外に出ており、国内の選手はセミプロとして他に仕事を持ちながらプレーを続けているという。

 試合終盤にはサポーターが「アフラム イスランッ! アフラム イスランッ!(afram ISLAND=アイスランド語で行け!アイスランドの意)」との掛け声で盛り上がり、バックスタンドではアイスランド国旗とともに、ユーロ開催国フランスの国旗がなびいていた。

 歴史上、最も小さいユーロ予選突破国となったアイスランド。宿泊先のホテルの主人は言った。

「もうその話はいいよ。でも、アイスランドのような辺鄙なところのチームがオランダやトルコのような"大国"を打ちのめすところにサッカーの面白さがあるんじゃないか。来年のユーロだって、予選のように戦えば何が起こるかわからない」

 オーロラやブルーラグーン(地熱発電を使った人工露天風呂)で知られるアイスランドに、サッカーでアピールするチャンスが訪れた。

栗原正夫●文 text by Kurihara Masao