遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第73回】

 2009年から6年間、シマノレーシングに所属していた畑中勇介。その彼が今シーズンからTeamUKYOの一員となった。2010年〜2011年には2年連続でJサイクルツアー(現Jプロツアー)の年間個人総合優勝を果たしたシマノのエースが、移籍を決断した理由とは――。

 2015年からTeamUKYOに所属し、現在Jプロツアーの個人部門ランキング首位につけている畑中勇介は、2009年から2014年までシマノレーシングチームに所属していた。長年在籍していたシマノを離れ、TeamUKYOへ移った理由のひとつは、「今年のシマノは選手層がかなり若返ったから」なのだという。

 昨年に畑中のチームメイトだった吉田隼人はマトリックス・パワータグに移籍し、野中竜馬はキナン・サイクリングチームへ移った。現在のシマノレーシングは26歳の入部正太朗を筆頭に、20歳前後から20代前半の選手が中心メンバーで、若手育成チームのような位置づけとなっている。

「まだ先生にはなりたくない。先輩でありたい」と、つねづね考えている畑中にとって、このチームの若返りは、「ああ、これはちょっと厳しいな......」と感じざるをえなかった。

「吉田隼人や野中、入部と一緒にやっていれば、僕はただの先輩だったし、彼らと練習やレースをすることで自分自身を高めることもできていた。でも、さらにそのひと世代下になると、先生にならなきゃいけないんです。

 先輩と先生って違うじゃないですか。今のTeamUKYOには今年大学を卒業した選手たちもいますが、彼らは高校を卒業してすぐフランスに行った僕とは違うものを学んでいるし、大学でキャプテンなども経験してきた子たちだから、まだ自分は彼らの先輩として接することもできるんです。でも、相手が18歳や19歳になると、先輩というよりもむしろ、指導者のような接し方になってきてしまう。コーチや先生のような立場は、今の自分にはまだ早い。

 そう思って昨年、TeamUKYOに声をかけてみたら、チームのほうは最初、『畑中は長くシマノにいたから動かないだろう』と思っていたのかもしれないけど、僕のほうから訊ねてみることで興味を持ってくれて、それでうまく話が進みました。さらに、スペインからオスカル・プジョルたちが加入するらしいという情報も聞いていたので、彼らや土井(雪広)さんたち、一流選手と一緒に走れることにとても期待をしていました」

 TeamUKYOを選んだもうひとつの理由は、畑中自身が欧州のレースを走るという目標を、今でも持ち続けているからだという。

「やっぱり、まだちょっと、外に行きたいという気持ちがあるんですよ。ジャパンカップで入賞(2010年・3位、2011年・5位)した直後なんて、履歴書を海外のチームにどんどん送ったし、日本人を欲しがっているチームがいるとか、日本のサプライヤーが支援しているチームがあると聞けば、積極的にアプローチもしました。

 そんななかで国内のチームを見渡してみると、『ヨーロッパを目指す』と積極的に発言しているのは、TeamUKYOですよね。ブッ飛んだことを言うなとも思ったけど、言わなきゃ始まらないし、まずはやってみなきゃ物事は動かない。最初からそこに行こうと思ってないチームは、絶対にそこへは辿り着けないんですから。

 TeamUKYOはまだ若いチームだから、その若さが不利になることもあるかもしれないけれども、それは逆に、フレキシブルになんでもできるし、どんな方向からでも動ける、ということでもある。どのチームにも、それぞれの地域性や特徴ってあるじゃないですか。イタリアのチームには独自の食べ物や生活スタイルがあって、アメリカ系のチームにはまた別の雰囲気や生活スタイルがある。そういう意味では、TeamUKYOはまだそこも定まっていなくて、模索中ともいえるかもしれないけど、今からどこにでも行けるし、なんでもできる。それが、このチームの強みだと思います。

 もちろん、ツール・ド・フランスは世界最高峰のレースだから、目標としては相当ハードルが高くて厳しい、遠い存在かもしれない。けれども、そこに向かってアプローチをしていく過程が面白いと思うんですよ」

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira