U-18日本代表中国遠征初戦、小川のハットトリックでシリアに快勝!「さらに結果を」

写真拡大

 中国遠征を行っているU-18日本代表は7日、『2015長安フォードカップ CFA 国際ユース(U-18)フットボールトーナメント青島』の初戦でU-18シリア代表と対戦し、4-0で勝利した。

 前半30分にMF佐々木匠(仙台ユース)のクロスをFW小川航基(桐光学園高=写真)が右足で合わせて先制。後半10分には再び小川がヘディングで決めて加点。同26分にはこぼれ球に反応した小川がハットトリックを完成させ、勝利を決定づけた。

 終盤には途中出場のFW岩崎悠人(京都橘高)がダメ押しとなる4点目を奪い大勝したU-18代表。JFAによると、2アシストで試合を作った佐々木は「無失点でなおかつ得点もとれ、良い結果を出すことができました」と手ごたえを語る。3得点した小川は「個人的には結果を出せてよかったところもありますが、もっと要求して連携を高め、さらに結果を出せるように頑張ります」と更なる成長を誓った。

 同代表の次戦は9日、U-18中国代表と対戦する。

以下、出場メンバー

[先発]

GK:小島亨介

DF:藤谷壮、野田裕喜、町田浩樹、舩木翔

MF:堂安律(78分→三好康児)、坂井大将、佐々木匠、長沼洋一

FW:吉平翼(73分→岩崎悠人)、小川航基(85分→一美和成)

[控え]

GK:脇野敦至

DF:岩田智輝、岡野洵、冨安健洋、浦田樹

MF:鈴木徳真、森島司、高木彰人