ビッグサクセス!

この世は基本、金でまわっています。愛だの夢だのと生ぬるいことを言う連中もいますが、それは金がない人の言葉。金がある人は「まず金があったうえで…」という揺るぎなき大前提を人生から切り離すことはできないのです。毎週月曜燃えるゴミの日に金を捨てている金持ちはいるのかと。いないでしょう。お金は大切にしましょう。

しかるに槙野。

何でもサウジアラビアの強豪アル・ナスルが、槙野智章さん獲得のために約5億円の年俸を用意しているというではありませんか。よし、売ったぁ!何が目的で何を考えているのかは知りませんが、売りましょう。5億を持ってきた交渉相手にお引き取り願うことなどできません。槙野さんを引き取っていただくべき。もしコレを留めようというなら最低でも4億くらいは持ってこないと話にならないでしょう。

本人的にも「俺は浦和の男」「魂=浦和」「埼玉で生まれ埼玉で育ち、氷川神社で産湯につかり…」みたいな地元愛があるかもしれませんが、ここは涙を呑んで旅立つべき。チームを離れ、移籍する辛さはあるでしょう。引き留めるサポーターたちの声を聞けば、後ろ髪引かれる想いは残るかもしれません。だが、それでも旅立たねばならない。

だって、5億だもん。5億なんだもん。

税引き前か後か知りませんが、5億はもらったほうがいい。

この先、一生かかっても年俸総額5億はもらえないかもしれない額です。極端な話、振込が確認されたらそこで足が折れてもいい金額です。しかも向こうは5億打ち止めではなく、活躍により5億延長の可能性もある。1延長で10億。2延長で15億。5億ならどんな移籍でも許される。客の声など知ったことか。声だけじゃなく金を持ってこい。3万人がひとり1万5千円持ってきたら考えよう。しがみつくな、ドカッ(※すがりつくサポーターを蹴る音)。

気持ちよく送り出そうじゃありませんか。別れのゲーフラみたいのを作り、ジャンボユニフォームを準備し、コレオグラフィとか練習しようじゃありませんか。オリジナルソングとか作って歌いましょう。「絶対に帰ってくるなよ〜成功しろよ〜二度と帰ってくるなよ〜」みたいのを。永遠かもしれない別れですが、彼にはもう十分すぎる贈り物をもらったでしょう。2015年、浦和レッズJ1リーグ優勝。優勝しましたよね、確か。彼はもうここでやるべきことはない!

そして、楽しみなこともあります。新しいロマンスです。槙野さんが前回交際した水沢アリーさんとはドイツつながりでの交際だったそうじゃないですか。ということは、今度はサウジつながりでの交際とかあるんじゃなかろうか。現地でめとった妻を連れて、クラブワールドカップで凱旋帰国するなんて、最高に面白いじゃないですか。水沢アリーさんを捨ててまでめとる妻なのですから、それぐらい予想外の展開でなくちゃつまらない。ヒゲなんか生やしちゃったりして。

一部新聞では「バカじゃねーの!?」感が露骨に表明されていたりもしますが、このオファー、現実ならば絶対に受けるべき。3億あったら絶対行かないと思いながら毎朝出勤する身として、5億のオファーは拒否してはいけない。僕は強くそう思うものなのです…。

ということで、一部新聞の「バカじゃねーの!?」感を味わいつつ、新単位Makinoの運用を開始していきましょう。

◆拇印でいい!?すぐサインしたいんだけど!気が変わらないうちに!

日本を代表するビッグクラブの主力であり、日本代表の中心でもある人材。これに対して5億程度の評価がついて何がオカシイのか。サッカー界ではもっと桁違いの金が動いており、バルセロナなんかは300億円くらい払っていると言うじゃありませんか。5億なんてのは挨拶みたいなもの。結婚相手に求める条件の年収1000万円みたいな感じで、「何となくこんくらいっすかねぇ?」の標準額でしょう。本気なら5億、これが世界のお約束です。

↓しかし、一部新聞はあからさまにバカじゃねーの感をにじませる!
<浦和槙野に年俸5億円 サウジ強豪が破格の評価>

サウジアラビア1部の強豪アル・ナスルが、浦和DF槙野智章(28)の獲得に動きだしていることが7日、分かった。日本の守備の柱に成長したDFを高く評価し、約5億円の年俸を用意しているという。槙野はJ1年間優勝を最優先し、浦和でのプレーに集中するとみられるが、現在の約9倍程度とみられる約5億円の年俸は期待の高さを示す破格の条件といえそうだ。

アル・ナスルはサウジ1部で優勝8度の強豪。昨季は20勝4分け2敗で2連覇を達成した。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は11年に初出場し16強、2度目の出場となった今季は1次リーグで敗退した。豊富な資金力があるとはいえ、用意した約5億円の年俸は並外れている。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1534874.html

<アル・ナスル・リヤドが槙野を狙う。現地紙が報道>

サウジアラビアの雄であるアル・ナスル・リヤドが浦和レッズの日本代表DF槙野智章を狙っているようだ。5日、サウジアラビア紙『マッカ・オンライン』が報じている。

(中略)

2011年にサンフレッチェ広島からケルンに移籍したものの、海外挑戦は失敗に終わっている槙野。果たして、中東サッカーへの挑戦は実現するのだろうか。

http://www.footballchannel.jp/2015/09/07/post106619/

ニッカン:「破格だわ」
ニッカン:「大事なことなので2回言うね」
ニッカン:「並はずれている!」
フトチャン:「海外挑戦は失敗した槙野」
フトチャン:「海外挑戦は失敗した槙野」
フトチャン:「海外挑戦は失敗した槙野」

いいじゃん、別に!

誰が5億でオファーしようが、誰がそれを受けようが!

自分たちだってFC東京にシャビとか書いてただろ!

守りたいから前へ、前へ [ 槇野智章 ]

価格:1,404円
(2015/9/8 14:17時点)
感想(0件)



何でしょう、この角度。「俺たちの槙野が狙われている」とか、「資金面で切り崩されるJリーグへの危機感」とかではなく、全体からあからさまに滲み出てくる「え!?槙野に5億」というこの感じ。僕はコレをアル・ナスルに対しても槙野さんに対しても失礼なことだと思います。

「水沢アリーさんが捨てたものを5億で買う」という表面上の成り行きだけを考えれば、ブックオフの買い取り価格が桁違いで間違っているような感じにも思えるかもしれませんが、彼は日本を代表するDFであり、ひいてはアジアを代表するDFなわけです。

世界を股にかけるサッカービジネスを展開するうえで、日本市場というのはまだまだ魅力的なところ。日本でベッカムっぽいヤツを探したら、槙野さんは当然候補にあがってくるでしょう。槙野さんを獲得すればシャツの売上だけでも5億円程度の金、十分にドブにペイできるというものです。ペイ!ペイペイ!

これが世界と日本との現在地の差ではないでしょうか。槙野さんは本来ならば5億円くらいの価値があるのに、1億いかない程度の金額で仕事をしていたのです。今までが間違いだったのです。僕も日頃から「他人を1回呼び出したら1万円くらい払うのが礼儀」「毎日会社に行っているだけでも月に20万円くらいもらっていいはず」「何も仕事しなくても!」と思っています。サッカー日本代表なら5億かな?っていう感覚、わかるような気がするのです。

本田△さんがイタリアの報道では手取りで4億円弱もらっていて、香川真司さんは手取りで5億円ほどだとか。新聞の推定記事なのでアテにはなりませんが、別にそれぐらいの額でも驚きも何もないでしょう。じゃあ、何故槙野さんだと「バカじゃねーの!?」感を出してくるのか、そこには正当な理由はないと思いますね!

↓よーし、これからは人件費の単位としてMakinoを採用しよう!Jリーグ各クラブよ、自分たちの現在地を知れ!
<2014年度のリーグ開示資料に基づく、当時のJリーグ各クラブの保有Makino力>
(※1Makino=5億円での換算)

●ベガルタ仙台
約2.3Makino

●鹿島アントラーズ
約3.1Makino

●浦和レッズ
約4.0Makino

●大宮アルディージャ
約3.5Makino

●柏レイソル
約4.1Makino

●FC東京
約3.4Makino

●川崎フロンターレ
約3.1Makino

●横浜F・マリノス
約3.5Makino

●ヴァンフォーレ甲府
約1.3Makino

●アルビレックス新潟
約2.1Makino

●清水エスパルス
約2.7Makino

●名古屋グランパス
約4.1Makino

●ガンバ大阪
約3.6Makino

●セレッソ大阪
約3.3Makino

●ヴィッセル神戸
約2.7Makino

●サンフレッチェ広島
約2.7Makino

●徳島ヴォルティス
約1.8Makino

●サガン鳥栖
約2.3Makino

こりゃ槙野さんを雇えるクラブは基本的にないな!

槙野さん入りDFラインを組めるのは、浦和と名古屋くらいで、あとは3バックにするしかない!

甲府は槙野さんひとりで戦う編成不可避!

守りたいから前へ、前へ [ 槇野智章 ]

価格:1,404円
(2015/9/8 14:17時点)
感想(0件)



「ウチのクラブは槙野3人分か」などと考えると、槙野さんの偉大さというものも改めて実感できるのではないでしょうか。今まで軽く考えていたかもしれませんが、槙野さんはそれだけのビッグサクセスマンなのです。全員で束になってかかって、ようやく太刀打ちできるかどうかという相手なのです。一緒にプレーできただけでもありがたい思い出ですよね。「シンジくんと一緒にやれたのが嬉しかった」みたいな感じで、今までの思い出、噛みしめないとですね。

最近はとかく巨額のお金が動くケースが多く、庶民感覚としてはわかりづらさも感じていたところ。今後は積極的にMakinoを運用し、実感としてお金の問題を考えていきたいものです。たとえば新国立競技場整備計画も、「当初は槙野260人ぶんだったものが、いつの間にか槙野500人ぶんにまで拡大したが、現在は槙野300人ぶんを上限に圧縮された」と聞くと実感が伴ってきませんか。槙野200人も切り捨てたなら結構なスリム化だな、と。そして、槙野300人雇う気持ちになれば新スタジアムが建つのか、安いな、と。

「おいおい100Makinoも粉飾してるのか」「個人投資家なのに20Makinoの資産があるんですか」「Makinoがあれば恵まれない子ども2500万人にポリオワクチンを提供できるんです」など、お金の問題を考えるときも、より考えやすくなるでしょう。Jリーグで優勝しても1Makinoすらもらえない現状なども、より実感のある課題として受け止められる気がしますしね。

↓誰だってMakinoもらったらコレぐらいの感じでガッツポーズしたくなるに決まってる!


よっしゃぁぁぁぁぁぁぁ!!

5億ゲットぉぉぉぉぉぉぉ!!

の、イメージ動画です!

↓知り合いがMakinoもらったらコレぐらいの感じでガッツポーズしたくなるに決まってる!

先輩、5億っすかぁぁぁぁぁ!?

5億ゲットぉぉぉぉぉぉぉ!!

メシ、おごってくださいねぇぇぇ!!

あたぼうよぉぉぉぉぉぉぉ!!

の、イメージ画像です!

守りたいから前へ、前へ [ 槇野智章 ]

価格:1,404円
(2015/9/8 14:17時点)
感想(0件)



僕も年間0.2Makinoくらいくれてラクでヒマな職場に転職したいです!