寸法は本体ユニットが130x35x93mm、カメラユニットは25(直径)x32mm(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 コレガは、狭小スペースやカメラの威圧感を出したくない場所への設置に最適な、法人用フルHD PoE対応超小型埋込型ネットワークカメラ「CG-NCPFL011A」を発表した。

 カメラ部には超小型カメラを採用し、目立ちにくく、監視カメラを意識させたくない環境に適したデザイン。カメラユニットは本体ユニットからケーブルで繋がっており、多様な設置環境に柔軟な対応が可能。PoE対応で電源工事も不要だ。

 フルHDの2メガピクセルCMOSイメージセンサーを搭載し、超小型ながら高画質を実現。モーション検知やいたずら検知、アラーム検知など多様な検知設定に対応し、監視目的に合わせた効率的な運用が可能となる。

 ATMや自動販売機の内部など設置場所が限られるケースや、店舗や銀行、デザインビル、ホテル、オフィスなどで目立たないようにカメラを設置したい場面での利用を想定。

 コレガによると年内発売開始を予定しているという。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI
オフィスセキュリティ特集