写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月8日、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星放出の機会提供に関する協力取り決めを国連宇宙部(UNOOSA)と締結したと発表した。

連携機関は同日より2018年9月7日までの3年間で、年1回、CubeSat程度の衛星放出機会を提供する。利用に関しては、UNOOSAが募集案内発出を実施し、JAXAとUNOOSAが共同で超小型衛星を選考する。早ければ2017年より利用機会を提供する予定だ。

「きぼう」は独自のエアロックシステムとロボットアームを持ち、超小型衛星を宇宙空間へ放出する能力を持つ。一方、低コストで製作することができる超小型衛星は、教育や通信、災害低減などで利用されており、今回の連携は衛星を打ち上げる能力を持たない発展途上国などに対して、宇宙空間での利用・実証の機会を提供するものとなる。