<FedExポイントランキング>
 米国男子ツアープレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」はリッキー・ファウラーが逆転で制し今季2勝目を挙げた。これによりファウラーはFedExカップランク3位に浮上。年間王者を視界にとらえる位置で残り2戦に挑むこととなる。1位はジェイソン・デイ(オーストラリア)がキープ、2戦連続での予選落ちを喫したジョーダン・スピースが2位の座を守っている。
松山英樹はアンラッキーに天を仰ぐ…PGAフォトギャラリー
 同大会を25位タイで終えた松山英樹は前回の14位から16位にランクダウン。それでも上位30名が進出する最終戦「ザ・ツアー選手権」への出場圏内はキープして第3戦「BMW選手権」に臨むこととなった。
 プレーオフシリーズ次戦は1週間後の「BMW選手権」。ここで70名から30名に絞りこまれ、最終戦「ザ・ツアー選手権」と続いていく。
【FedExCUPランク】
1位:ジェイソン・デイ(4,680pt)
2位:ジョーダン・スピース(4,169pt)
3位:リッキー・ファウラー(3,498pt)
4位:ヘンリック・ステンソン(3,352pt)
5位:バッバ・ワトソン(3,329pt)
6位:チャーリー・ホフマン(2,302pt)
7位:ザック・ジョンソン(2,241pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(2,114pt)
9位:ジム・フューリク(2,087pt)
10位:パトリック・リード(2,039pt)
16位:松山英樹(1,783pt)
17位:ローリー・マキロイ(1,729pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>