甲子園のマウンドには空になったペットボトルが転がっていた。歓喜の輪の周囲には、グラブが乱雑に放り投げられていた。3大会連続となる世界一を決めた瞬間、アメリカの選手たちは甲子園の黒土の上で水をぶっかけあい、叫び声をあげながら大はしゃぎしていた。

 清宮幸太郎(早稲田実)は、目を赤くして、じっとその光景を見つめていた。

「(夏の選手権は)悔いなく、楽しく終われた。この大会は、迷惑しかかけていないし、悔いしか残っていない」

 8月28日に開幕したU−18ワールドカップで高校日本代表の4番を任された清宮は、27打数6安打の成績で大会を終えた。決勝までの8試合を無敗で勝ち進んだチームにあって、打点はわずか2、本塁打はゼロと、ひとり乗り遅れていた。5割近い打率を残し、2本塁打(8打点)を放った選手権の活躍からすれば、物足りない数字だった。

「なんの力にもなれなかった。世界との差を感じたとか、自分が及ばなかったとか、そういうわけじゃないですけど、4番としての仕事、チームの中心となって打線を引っ張ることができないと、こういう結果になってしまう。4番の責任というものを重く感じました」

 決勝のアメリカ戦でも、チャンスで回ってきた清宮のバットが火を噴くことはなかった。アメリカに2点を先制されて迎えた4回裏。二死から3番の勝俣翔貴(東海大菅生)にチーム初安打となる2塁打が出て、清宮に回る。しかし、相手左腕プラットのチェンジアップを空振りし、見逃しに終わった第1打席に続く三振となった。

 選手権ではファーストストライクから積極的に手を出していく姿勢が印象深かったが、W杯の戦いも後半になるにつれ、初球の甘いボールを簡単に見逃し、難しいボールに気のない中途半端なスイングをする清宮の姿が目立った。

 この夏、西東京大会から「自分の形でスイングすれば、ボールは飛んでくれる」と語ってきた清宮が、打席内で動揺を隠せなくなっていた。それは迷いなのか、あるいは試行錯誤だったのか。

「今日も自分の形で打つことができたし、悪いスイングではなかったんです。ただ振り返ってみると、1本が出ないことで焦ったというか、『なんとしてでも』という気持ちが強すぎたかもしれない。のびのびとできなかった感じはあります」

 日本が1点を返したあとの6回裏も、二死一、二塁で打席に入り、ここはセカンドへの内野安打で5番の平沢大河(仙台育英)につなげたが、走者を還すことはできなかった。

 佐藤世那(仙台育英)が3回に自らの失策が絡んで2失点したあとも2種類のフォークを使って踏ん張り、5回からマウンドに上がった上野翔太郎(中京大中京)がアメリカ打線を0点に抑えた緊迫のゲームにあって、清宮に1本が出ていれば試合展開は大きく変わっていたかもしれない。だからこそ、1−2と惜敗したチームの敗因を、清宮はひとりで背負い込んでいたのだろう。

「打つべき人が打たないと試合には勝てないし、9人がそれぞれの仕事をしっかりして、打線を線にして戦わないと強い相手には勝てない。もうこんな思いはしたくない。高校野球を頑張って、(次回のカナダ大会が開催される)2年後にもう一度選んでいただいて、リベンジを果たしたい」

 左膝の違和感を訴えて欠場した1試合を除き、清宮を4番で使い続けた西谷浩一監督(大阪桐蔭)は、清宮に対して今後の課題を与えた。

「彼と話していると、『自分のバッティングを』『自分の間合いで』という言葉が頻繁に出てくる。それを貫き通す部分も必要ですが、改善していくべき部分もあるのかなと思います。ただ、これからが楽しみな選手ですし、来年、再来年と、本当の意味でのジャパンの軸を打てるように。成長して再びジャパンに入って欲しいし、2年後の世界大会では今日の悔しさを晴らして欲しい」

 我を貫くことは大打者の必須条件だが、柔軟な考え方を持つ必要性も、西谷監督は説きたかったのかもしれない。

 ジャパンの4番は早実の怪物に戻り、来春のセンバツに向けすぐに秋季東京都大会が始まる。

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji