ダイエットに関心の高い人の間で必ず話題になるギムネマ。ギムネマ茶やギムネマのサプリメントを摂ると砂糖が食べたくなくなるとか? ここでは、ギムネマのダイエット効果やそのほかの効能についてご紹介します。

ギムネマってどんな成分なの?

ギムネマは、ガガイモ科の植物で、主にインドや東南アジアで自生します。ギムネマの葉を噛むと、不思議なことに砂糖の甘さを感じなくなります。この甘みを抑える物質を抽出したのは、イギリスの化学者フーパーで「ギムネマ酸」と名付けました。ヒンズー語でギムネマは「グルマール」といい「砂糖を壊すもの」の意味。インドの伝統医学といえばアーユルヴェーダですが、ギムネマはアーユルヴェーダでも胃薬や糖尿病治療などに使われてきました。

ギムネマがダイエットに効くワケ

ギムネマ酸にはブドウ糖に似たグルクロン酸が含まれて、舌の味蕾(みらい)の甘味を感じる部分をまひさせるといいます。さらに腸に糖分が吸収されるのを抑制するはたらきもあるので、ダイエットに効果があるといわれるのです。糖分の吸収が少なくなるので、糖尿病のリスクを下げる効能も。また、腸に吸収されなかった糖分が食物繊維に似たはたらきを持ち、便の量を増やし腸を刺激するので、便秘の解消にもなります。

虫歯予防にも効くギムネマ酸

虫歯のもとになるのはミュータンス菌です。この菌は砂糖をエサにして歯垢のもとになるグルカンを作り、酸を出して歯を溶かすので虫歯になります。ところが、ギムネマ酸はミュータンス菌が糖を取り込もうとするのを抑えて、グルカンの生成を防止するため、虫歯ができにくくなるのです。ギムネマには、今まで挙げてきた効果のほかに、インフルエンザなどウイルスの抑制や抗酸化作用を持つ植物として期待されています。

ギムネマの効果、いかがでしたか? キムネマ茶には少し苦みがあるので、苦手な人はブレンドティーにして飲んでみてください。食後に飲むとダイエット効果がアップしますよ。


writer:松尾真佐代