SUV人気はどこまで続く?(三菱アウトランダーPHEV)

写真拡大

 日本のクルマ市場は近年、燃費のいい軽自動車やミニバン、小型スポーツカーなどの新型車が話題だが、ここにきて各メーカーがこぞって力を入れている車種が、SUVと呼ばれる“スポーツ用多目的車”だ。

 米国生まれの『Jeep(ジープ)』に代表されるSUVは、四輪駆動による力強い走行性能などを売りにオフロード好きに愛されてきた反面、乗り心地や燃費に対する評価は二の次だった。

 だが、そのイメージはがらりと変わりつつある。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がいう。

「最近はステーションワゴンとSUVの中間ともいえる『クロスオーバーSUV』のラインアップが増えたことにより、小型で快適性や燃費も重視した“街乗りSUV”が主に若者たちから支持されています」

 トヨタ自動車『ハリアー』、日産自動車『ジューク』、マツダ『CX―3』、ホンダ『ヴィゼル』、スバル『フォレスター』、スズキ『ハスラー』……、中小型のSUV市場が年々拡大しているのは数字を見ても明らかだ。2014年の国内SUV販売は50万台を突破し、全体に占める割合も10%を超えた(調査会社HISオートモーティブ調べ)。

 今後もトヨタが2016年に新型SUVの『C―HR』を発売するほか、前出のジープやフィアットといった輸入車勢も小型車種の投入を続々と予定するなど“SUVラッシュ”に沸きそうだ。

 そして、この好機を逃すまいとSUV市場に賭けているのが三菱自動車である。

 同社は大型の『パジェロ』を筆頭に、PHEV(プラグインハイブリッド)車種を揃える中型の『アウトランダー』、小型の『RVR』と、いわば“SUVメーカー”の地位を確立してきた。そして、2017年をメドに、新型の小型SUVを開発する予定だという。

「リコール問題の影響で販売台数こそ振るわない時期が続きましたが、やはりSUVづくりに関しては三菱が国内メーカーで一番長けていると思います。

 RVRにしても、試乗してみるとまるで重量級のSUVみたいな雰囲気を残す乗り味を得られます。道路の凹凸を通るときもガタンと衝撃を受けるのではなく、ゆったりと乗り越えるイメージ。パジェロで培ったDNAが活きているなと感じます」(前出・井元氏)

 米国からの生産撤退、東南アジア市場の見直し、日本では販売店の縮小など組織再編に追われる三菱だが、相川哲郎社長が〈より利益を出せるSUVシフトを鮮明に打ち出す〉と述べているように、いよいよSUVメーカーとして本領発揮できる体制が整ってきた。

 果たして今後も日本のSUV人気は続いていくのか。

「環境性能のいいクリーンディーゼルSUVの普及が加速していることもあり、トヨタがマイナーチェンジした『ランドクルーザー』や、BMWの『Xシリーズ』など大型、高級SUVにも再び関心が寄せられています。

 SUVの魅力は、ガタガタ道でも余裕で走れ、アクティブライフを満喫できるのはもちろん、車高が高い分、街中や高速道路の渋滞時に視界が広がりストレスを軽減してくれるメリットがあります。

 そして、オフロードっぽい逞しさを逆手に都会的なデザインにするなど、外装のデザインや見た目の自由度が高いことも人気を博している大きな要因。『セダン=フォーマル』、『クーペ=スポーティー』といった決まったイメージがないので、若者のみならず既存のクルマに飽きて変わった車種に乗ってみたいという中高年の乗り換え需要も取り込んでいます。

 そう考えると、百花繚乱のSUV人気はしばらく続いていくと思います」(井元氏)

 コモディティー化が進み、「どの車種も同じデザインに見える」といったユーザーの不満を打ち消す意味でも、SUV開発はメーカーの命脈を保つ大事な戦略といえるだろう。

●写真/井元康一郎