食べやすい大きさにカットされた「骨付きもも」(ハーフ205円)

写真拡大

9月2日、“とりやき”が楽しめる居酒屋「とりやき源氣 高円寺北口店」が高円寺にオープン。

【写真を見る】タレは「味噌」を含む全4種

■ いろいろ食べたい人にはハーフサイズも

店の自慢は、串に鶏肉を刺して提供する「やきとり」ではなく、塊肉のまま豪快に鶏肉を焼く“とりやき”。見た目のインパクトもさることながら、塊肉のまま焼くため旨味を中に閉じ込めたまま肉汁を逃さないので、ジューシーな鶏肉を味わえる。

高円寺北口店限定の「ハーフサイズ」(205円〜)は、1人で食べる時や、いろいろな種類を楽しみたい時にピッタリのサイズ。タレのバリエーションも既存店は2種類だが、ここでは唐辛子とガーリックがアクセントの「味噌」、マイルドな味わいの「味噌マヨネーズ」、フルーティーな「白ダレ」、少しスパイシーな「黒ダレ」の4種類があり、気分に合わせてタレを選べる。

ほか、豚肉ホルモンを使用した「焼きトン」(194円〜)など、60品以上ものメニューが揃う。

店内は、コンクリート打ちっぱなしのモダンな空間に、木材や裸電球などを取り入れた落ち着いた雰囲気。

今後、塊肉のまま食べる“とりやき”が、鶏好きのスタンダードになる!?【東京ウォーカー】