「まだ迫力が足りない」 岡崎がクロスからのゴールに意欲

写真拡大

 チームとして修正した成果を見せる。8日のW杯アジア2次予選・アフガニスタン戦を翌日に控えた公式会見。日本代表のハリルホジッチ監督は「センタリングは重要なテーマになってくると思う」と、クロスからの得点に期待したが、クロスに飛び込むダイビングヘッドが持ち味のFW岡崎慎司(レスター・シティ)も静かに闘志を燃やしている。

「こないだはクロスから(得点が)入ってないと言われているけど、引いた相手にまたトライできるので、そういう意味でモチベーションは高い」。3日のカンボジア戦(3-0)を踏まえ、イラン・テヘラン入り後はクロスの上げ方、ゴール前の入り方について確認、修正してきた。

 岡崎はカンボジア戦について「クロスがニアで引っかかることもあったし、中(の選手)が止まっていたこともあった」と振り返り、ゴール前の入り方という部分でも「3か所に入るのが基本だけど、相手のDFラインの位置やマークの仕方によって、違うことも試していきたい。まだ迫力が足りない」と、改善の余地があったことを認める。

「W杯直前にいろいろ(課題が)出るより、予選で苦しんで、やるべきことが見つかるほうがいい」。チームとして課題や改善点が出ることをむしろ歓迎する岡崎。アフガニスタン戦でクロスからゴールを決めることで、その修正と克服に意欲を見せていた。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア2次予選特集