「歩きながら」が食べ過ぎに bertys30/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 体重に気を付けている人は、「歩きながら食べる」ことはしないほうがよい――。「歩きながら食べる」と、後の食べ過ぎにつながることを、英サリー大学健康心理学教授のJane Ogden氏らが『Journal of Health Psychology』(8月20日号)で報告した。

 Ogden氏らの研究では、女性60人を対象として、3つの「ながら食べ」グループに20人ずつ無作為に振り分けた。第1群は「5分間歩き回りながら」、第2群は「TVを見ながら」、第3群は「会話をしながら」シリアルバーを食べた。対象者の約半数がダイエット中だった。

 少し後に、全員に、チョコレート、ポテトチップ、ニンジン、ブドウなどのおやつを提供。その結果、シリアルバーを食べ歩きしたダイエット中の対象者は、ほかのダイエット中の対象者に比べてより高カロリーを摂取し、チョコレートを約5倍食べた。ただし、ダイエット中でない場合、食べ歩きをしてもチョコレートを食べたがることはなかった。

認識していないと食べ過ぎに......

 Ogden氏は、「今回の研究結果は、ダイエット中の人が"動きながら"食べた場合、同日中の食べ過ぎにつながる可能性があることを示している」と述べ、「動きながら食べた人は、食べている物を十分に認識していないか、『活動しているから後で多く食べてもよい』と考えた可能性がある」と述べている。この研究では、歩いた時間はわずか5分であるため、余分なカロリーが必要になったとは考えにくい。

 また同氏は、「食事をする際は、"意識的に食べ物を気に留めながら"食べることが重要だ」とアドバイスしている。

「食べる」という行為を脳内に記憶させる

 ちなみに、英バーミンガム大学の研究でも、「ながら」食事は太りやすい傾向にあるという報告がなされている。この研究では、"賞金をかけた"ゲームをしながら昼食したグループが、「食事だけ」「普通のゲーム」グループに比べて、その後、ビスケットに手を伸ばす率が高かいという結果となった。

 食事に集中せずにいると、「食べる」という行為を脳内にしっかり記憶させにくくなる。すると、後で空腹を感じやすくなり、スナック菓子などに手を伸ばしてしまう......というわけだ。何を食べているかをはっきりと脳が記憶されることは、食欲をコントロールする上で重要だ。

簡単で有効な方法は「よく噛む」こと

 脳の視床下部にある「満腹中枢」は、食事で満腹を感じる器官だ。食事して血糖値が上がるのを感知して、体に必要なエネルギー量かを判断する。「これ以上は不要」と判断した場合は、食欲が止まって満腹を実感する。

 満腹中枢が血糖値上昇を感知するまで約20分かかる。食べ物を摂取しても、すぐに血糖値が上昇して、満腹中枢がそれを感知するわけではない。急いで食べて「食べ過ぎた」と後悔したことはないだろうか。「お腹が一杯になった」という感覚を得る前に、食べ終わるからだ。

 食事時に集中し、満腹中枢が感知する適切な量を食べるにはどうすればよいか? もっとも簡単で有効な方法は「よく噛む」こと。咀嚼回数を多くしてゆっくり食事をすることが、過食による肥満を防止することにつながる。

 肉・卵・チーズを積極的に食べる「MEC食」を推奨する、こくらクリニック(沖縄県)院長の渡辺信幸医師は、「ひと口30回、きちんと噛むこと」を合わせて指導している。

 「よく噛むことでだ液が大量に分泌され、満腹中枢が刺激されて、脳が満腹だと認識する。空腹のまま、あまり噛まずに食事をすると、つい早食いになり、胃がパンパンになるまで食べてしまう。ひと口30回噛みながら、ゆっくり食べると、腹八分目以下の食事で満腹になる」と勧めている。

 満腹感のカギを握っている「咀嚼」。渡辺医師によると、充分に噛んで食べることで、顎のラインもシャープになる効果もあるという。近年では、周囲を見渡すとスマホの「ながら食事」の姿が目につく。食事は健康を左右する重要な"イベント"。食事を楽しむ余裕のなさは、現代人の肥満や体の不調を招く原因のひとつかもしれない。
(文=編集部)