長崎の路地裏cafeの人気メニューであるパンケーキに、ソラシドエアのロゴを抹茶で表現!

写真拡大

アジアスカイネット航空(ソラシドエア)は9月6日(日)、長崎市内で「1日だけのソラシドcafe」を実施した。

【写真を見る】ソラシドエアの客室乗務員が、カフェの店員となっておもてなし!

2015年8月1日に長崎−羽田間が就航10周年を迎えたことを記念した特別企画。会場となったのは、究極の珈琲とこだわりのポップコーンが楽しめる、長崎の路地裏cafeだ。

抽選により当選したペア50組を招待し、同店で人気のパンケーキが、ソラシドエアバージョンとなって提供された。

パンケーキは、ソラシドエアのブランドロゴを抹茶であしらい、色とりどりのポップコーンをちりばめたスペシャルバージョン。ジューシーなパイナップルとスイカも添えられ、チョコソースやメープルをかけていただく。自慢のポップコーンはストロベリー、抹茶、塩キャラメルのフレーバーが、食感も小気味よい。

店内ではソラシドエアの客室乗務員が、店員となっておもてなし!他にも、ソラシドエアの「モデルプレーン」(3000円)など、機内販売で登場したソラシドエアのグッズを販売。お土産にはソラシドエアの女子旅サービスや長崎旅行プランの特典プレゼントとしても紹介している、名物のポップコーンが手渡された。

長崎の路地裏cafeは、長崎市内にある観光スポット、眼鏡橋のすぐ近く。1階のポップコーン売り場では、様々なフレーバーのポップコーンが販売され、限定品などもあわせると、フレーバーは60種類にも及ぶという。人気のフレーバーは、やはりご当地の「長崎ちゃんぽん味」(432円)。雲仙の“エコロ塩”で甘さを引き立たせた「雲仙SALTのキャラメル味」(540円)や、竹炭と黒ゴマを使った「軍艦島ポップコーン 竹炭黒ゴマ味」(540円)も人気だ。【福岡ウォーカー】