写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで7日、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」(9月8日〜11月1日)のプレスプレビューが開催され、東京ディズニーランドでは、ミッキーたちのコスチュームが新しくなり、音楽も一新したパレード「ハッピー・ハロウィーンハーベスト」がお披露目された。

東京ディズニーランドは今年も、ディズニーの仲間たちと陽気なおばけたちによる"ハロウィーン・フェア"をテーマに開催。パレードルートでは、仮装したディズニーの仲間たちとパンプキンたちが登場する手作り感あふれる「ハッピー・ハロウィーンハーベスト」を公演する。

3年目となる今年の「ハッピー・ハロウィーンハーベスト」は、"おかしなお菓子"が新たにモチーフに加わり、フロートの装飾やダンサーの小道具として登場。ミッキーとミニー、プルートのコスチュームも新しく生まれ変わり、その姿がお披露目された。また、音楽も一新。遊び心あふれる明るい音楽が流れ、パレードルートは陽気な雰囲気に包まれた。

途中でフロートが停止し、ショーモードになったところで、ゲストはディズニーの仲間たちと一緒に、お菓子をおいしくするおまじないに挑戦。「お菓子よ、お菓子、おいしくな〜れ!」と手遊びを交えて唱えるなど、にぎやかに盛り上がった。

なお、東京ディズニーシーは今年、"ヴィランズ一色の、クールで妖しいハロウィーン"にテーマを一新。ディズニーヴィランズ(ディズニーアニメの悪役の総称)が主役を新ハーバーショーなど、新プログラムが多数展開される。

東京ディズニーランド「ハッピー・ハロウィーンハーベスト」公演概要
【公演場所】パレードルート
【公演時間】約40分(1日2回)
【出演者数】約90人
【フロート台数】7台
撮影:蔦野裕