トレーニングで汗を流す長友。縦関係を組む武藤をはじめ、攻撃陣とのコミュニケーションを一層図りたいと語る。 写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 
 6月のイラク戦に続き、9月のカンボジア戦でもノーマルに近いパフォーマンス。アジアカップ以後の長友は、どこか大人しい。左サイドをえぐるようなドリブルは数える程度で、アグレッシブに欠けていた。しかし、本人に言わせればこうなる。
 
「僕は前の選手が気持ち良くプレーできるようにしたいと思っている。だから、例えば武藤にも、僕を囮にしてどんどん中に切り込んでシュートに行けと言っている。場合によっては、上がらないほうが良い時もあるし、そのあたりはもっとコミュニケーションしてやっていきたい」
 
 とはいえ、カンボジア戦での3-0という結果にも、自身の出来にも満足をしているわけではない。
 
「ミーティングをして、カンボジア戦で出た課題を修正するトレーニングもできた。良くなるんじゃないかと思う。良くならないとダメですよね。一つひとつ成長していかないと」
 
 そこまでプレーで主張しているわけではないが、ワールドカップに懸ける想いはひと一倍強いはずだ。1勝もできなかった昨年のブラジル大会ではメディアの前で泣き崩れるシーンがあり、今年1月のアジアカップではワールドカップ関連の質問に対して言葉を詰まらせたりもした。
 
 またクラブシーンに目を向けても、インテル残留が決まるまで去就問題に揺れていた長友の心労は結構なものだっただろう(あくまで推測だが)。
 
 ただ、ハリルホジッチ体制下ではミックスゾーンでも涼しい顔でしっかりと受け答えしている。そこに、ワールドカップへの秘めたる、静かなる闘志を感じるのだ。
 
 心はしっかりと整えられている印象だ。あとはピッチで、その闘志をどう表現していくかである。
 
「自分にとってゴールはおまけみたいなもの」というコメントから察するに、今、長友がもっとも重視しているのはバランスではないだろうか。チームの状況、周囲との連係を含めて俯瞰的にピッチを見るスタンスは、次のコメントから窺える。
 
「カンボジア戦の前半は向こうのサイドハーフが(酒井)宏樹に付いていけてなくて、右サイドから崩せた。でも、相手が修正してきた後半は左のほうが空いていて、そこを突けた。試合の流れを読みながら、敵のシステムを観察しながら上手くやっていきたい」
 
 単に“大人しい”のではないかもしれない。
 
 戦況を見極めたうえで正しいプレーを選択しようとしているから、以前より無駄がなく、燃費良く、左サイドを激しく上下動できるのだろう。見た目以上に献身的に動いている事実は、「ベンチから見ていて運動量が豊富だと思った」という米倉のコメントからも分かる。
 
 9月6日の全体練習(冒頭15分のみ公開)では、長友の言葉を鵜呑みにすれば「攻撃の部分、クロスやシュートの精度あたりを意識して練習しました」。
 
 クロスを何度上げても効率良くゴールにつながらなかったカンボジア戦の反省を踏まえ、アフガニスタン戦でもサイドを意識した攻撃を展開するなら、大人になった長友は間違いなくキーマンのひとりになる。
  
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)