日本代表が明日対戦!日本一詳しいアフガニスタン代表の解説

写真拡大

先日行われたカンボジアとのホームゲームで3-0と勝利を収め、ハリルホジッチ体制になってから初めて公式戦での白星をあげることに成功した日本代表。

長い暗闇の中からようやく抜け出しかけたという状況であるが、そこで重要なのは次の試合だ。ここで敗れてしまったり、あるいは引き分けてしまえば、またトンネルに引きずり込まれてしまうだろう。

光に向かって歩き始めた日本代表の前に立ちはだかるのは、南アジア選手権優勝の経験を持っているアフガニスタン代表である。彼らはいったいどんなチームなのか? Qolyでアジアを担当する編集部K(籠信明)が解説する。

アフガニスタンサッカーの歴史

サッカー連盟が設立されたのは1922年で、比較的早い。その後1948年にFIFA加盟を果たしており、1954年に設立されたAFCの創立メンバー12国(他はビルマ、中華民国、香港、インド、インドネシア、日本、韓国、パキスタン、フィリピン、シンガポール、南ベトナム)の一つでもある。

それだけサッカーの歴史がある国なのだが、彼らにとって大きな問題となったのが戦乱だ。

1979年から始まったソビエト連邦によるアフガニスタン侵攻で国は崩壊。92年からはアフガン内戦が始まり、その後政権を掌握したイスラム原理主義組織タリバーンは娯楽を禁止した。

そのため、84年のアジアカップ予選以降、アフガニスタンは長きに渡って国際試合を行うことが出来なかった。ようやく世界の舞台に復帰したのは政権崩壊後の2002年、韓国で行われたアジア競技大会である。

戦乱の終結から数年が経ち、環境が崩壊していた国内リーグも数年前から動き出している。

それまでは首都カブールのみでリーグが行われてきたが、2012年にテレビ局がアフガニスタンサッカー連盟との協力の元でリアリティーショーを企画した。

国内の選手を集め、各地域に8つのチームを作り、“アフガニスタン・プレミアリーグ”は発足された。世にも珍しい「TVの企画から生まれた国内トップリーグ」は初年度から大盛況となり、今年で四回目を迎える。

つい先日2015年のシーズンが開幕したばかりであり、その試合はYoutubeでもフルマッチで配信されている。映像を見れば、かなりの観客を集めていることが分かるはずだ。

アフガニスタン代表復活の軌跡

18年ぶりに国際舞台に復帰してから、しばらくは苦しい時間が続いた。2003年にはトルクメニスタンに11-0で敗れるなどさんざんな成績で、(状況を考えれば仕方ないことではあるが)一時期は世界最弱クラスだった。

南アジア・ゴールドカップやAFCチャレンジカップに参加するもなかなかグループリーグを突破することが出来ず、地域の中でも弱小という立場が続いていた。

その状況が大きく変わったのが2010〜11年あたり。戦乱を逃れて海外に移住した子供達が選手となって代表に入ってきたことで、チームが一気に強化されたのである。

ビラル・アレズー(ノルウェー育ち)やサンジャール・アハマディ(ドイツ育ち)らを加えたチームは、2011年の南アジア選手権でいきなり準優勝という結果を残し、世界に衝撃を与えた。

また、この大会中にはメンバーの親族4名が自爆テロによって死去するという事件が発生しており、その中での快挙達成であった。

そして2013年の南アジア選手権ではグループリーグで強豪モルディブと引き分け、決勝ではディフェンディングチャンピオンのインドを相手にリベンジを達成した。

準決勝のネパール戦ではファルザド・アタイー・グラムが心臓発作で一時危険な状況に陥るなど大きなトラブルにも見舞われたものの、幸いにして彼も回復。国際舞台復帰から11年で初タイトルを獲得したのである。

アフガニスタン代表のこのところ

南アジアのチャンピオンとなったアフガニスタンであるが、まだワールドカップやアジアカップの予選を突破したことはない。

ちなみに、アフガニスタンは既に南アジアサッカー連盟を脱退しており、今年設立された中央アジアサッカー連盟に加盟している。今後はイラン、ウズベキスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタンというよりレベルの高い場所で戦うことになる。

さらに余談ではあるが、この中央アジアサッカー連盟の初の大会となったU-15中央アジア選手権は『SPORT FOR TOMORROW 日本・中央アジアU-15サッカー交流プログラム』として今年3月23日から日本のJ-GREEN堺で開催された。日本代表、JFAアカデミーU-15、京都サンガF.C.U-15、FC東京U-15深川も参加している。


話を戻すと、アフガニスタンはまだ南アジア地域以外では目立った結果を残すことは出来ておらず、おそらく今後大会が行われる中央アジアの6チームの中でも最弱となるだろう。

力関係として考えれば、先日日本が戦ったシンガポールよりはやや下、カンボジアよりは上……という実力である。

これまでの2試合では、初戦のシリア戦で0-6と敗北する最悪のスタートを切ったが、その5日後のカンボジア戦ではアウェーながら攻めに攻めて0-1と勝利を収めている。個人的な感想でいえば、これは実力以上でも以下でもないだろう。

日本戦の準備という形でタイに乗り込んで戦った親善試合は2-0と敗北しているが、10分過ぎから強烈なスコールが降り出したためにピッチが酷いことになり、90分間の大半でまともなサッカーにならなかった。

そのため、こちらにとってもあちらにとってもシステム以外はそれほど参考になるとは言えないが、タイを相手にかなり苦戦しており、守勢に回る時間が長い内容だった。最終ラインもマークが安定せず、ハイライトを見るだけで分かるだろうが「よく2失点で済んだな」という試合である。

チームの性格は?

今回の予選に向けては、2015年に入ってからボスニア・ヘルツェゴビナ生まれのドイツ人監督スラヴェン・スケレジッチ氏をFSVフランクフルトのユースから引き抜き、準備を進めてきた。

余談であるが、南アジア選手権優勝に導いた英雄的な監督ムハンマド・ユースフ・カルガール氏が今年1月に暴漢の襲撃を受け、ナイフで複数回刺されるという事件に遭遇したことが話題になったが、無事一命を取り留めて連盟の仕事に復帰している。

アフガニスタンのこの1、2年でもっとも大きな変化は、さらに海外生まれの選手が増加したということだ。2011〜2013年あたりでは半数以上国内の選手が入っていたが、今回の予選では5〜6人がいいところだ。

現在のチームの主力のほとんどはドイツ、オランダの下部リーグでプレーしている選手だ。そこに国内の選手やオーストラリア、北欧、ロシア、アメリカなどにいる者が少数加わっている。先日はかつてドルトムントで香川真司の同僚だったオーストラリアU-23代表MFムスタファ・アミニにアプローチしたが、断られたようだ。

これによって何がもたらされているかと言えば、やはり戦術面の安定だ。

以前のアフガニスタンはかなり無鉄砲なチームであり、ぶつかって、蹴って、走って、仕掛けてということを繰り返し、勢いばかりが目立つという性格があった。

それがこのところは守備での稚拙なミスも少なくなり、組織を組むことも可能になり、ポストプレーも出来るようになった。今スケレジッチ監督は時に3バックと4バックの中間のようなポジショニングをさせるシステムを作っているが、かつての彼らならまず使いこなせなかっただろう。

ただ、反面勢いという点では落ちており、良くも悪くも普通のチームになったなと感じることもある。個人的にはかつての魂だけで戦っているチームが好みだったが……。

日本が対戦することを考えれば、『Bild』にスケレジッチ監督が語ったコメント、『我々が日本と10回戦えば、明らかに9回は負けるだろう。しかしその残りの1に期待したい』が現実的である。

アフガニスタンはテロの危険性からホームゲームを行うことが出来ず、中立地のテヘランでの開催となる。それはもちろん我々にとっての追い風である。

日本がまだ重苦しい空気に包まれる中、ここでその『10分の1』に当たってしまえば、やはりハリルジャパンの未来はなくなってしまうかもしれない。なんとか勝利をもぎ取って欲しいところだ。

注目選手は?

以前4チームを全て分析した際にはビラル・アレズー、そしてサンジャール・アハマディをあげていたが、その両名は今回招集されていない。

その中でキーマンとなる選手をピックアップした。

FW:ファイサル・シャイェステー

アレズーとアハマディがいない中、点を取れる選手といえば彼とザザイくらいだろう。大柄なハイバル・アマニはどちらかといえばポストプレーヤーである。

彼はオランダ育ちであり、トゥウェンテ、ヘーレンフェーンの下部組織出身だ。プロには上がれずブルガリアやタイの下部リーグでプレーしてきた。

左足のキックや鋭いドリブルを得意とするアタッカーで、スペースを与えると危険な選手である。

MF:ムスタファ・ザザイ

カンボジア戦で値千金のゴールを決めたサイドの点取り屋。決して器用な選手ではないが、ドリブルやカットインで中央を破り、豪快なシュートを放ってくるアタッカーだ。

彼もアフガニスタン生まれだがドイツ育ちで、ハンブルガーSVのユースにも所属していた選手である。リューベックでトップチームに昇格し、現在は宮市亮がいることで知られるザンクト・パウリのリザーブでプレーしている。

DF:ジェラルディン・シャリティアール

このチームには数少ないベテラン選手である。国外育ちの走りでもあり、2011年の南アジア選手権準優勝を経験している重鎮だ。

本来は守備的MFなのだが、代表では基本的にセンターバックとしてプレーする。パワーを生かした守備に加え、豪快なドリブルと鋭い縦パス、強烈なミドルを持っているリベロだ。

日本を相手にしたときには守勢に回ることが予想され、その攻撃力を発揮できるかどうかといえば厳しいだろうが、彼の「一発」には注意が必要である。