「GUARDIANWALL」の機能イメージ

写真拡大 (全2枚)

 キヤノンITソリューションズは7日、 情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL」について、マイナンバーの情報漏えい対策機能を強化した次期バージョンを、先行評価版として10月上旬から無償提供することを発表した。

 「GUARDIANWALL」は、メールフィルタリング・誤送信対策・メール監査などにより、メールからの情報漏えいを防ぐソリューション。WebGUARDIANとあわせ、次期バージョンでは、マイナンバー制度への対応、暗号化されたHTTPS通信の検査、人事情報やExchangeサーバとの連携などの強化が予定されている。

 新機能では、マイナンバー情報が含まれる外部送信を検知・ブロックして、情報漏えいを防止することが可能となる。また、LDAPなどの人事情報と連携し、人事異動を反映したフィルタリングルールを自動生成することが可能になる。

 先行評価版は、キヤノンITSのホームページから申し込み後、無償で利用可能。

■関連リンク
メールフィルタリング・アーカイブソフト|GUARDIANWALL|キヤノンITソリューションズ