ドイツをイメージしたグルメサンドイッチが勢ぞろい

写真拡大

ドイツの食材や食文化をアレンジしたオリジナルサンドイッチやコーヒーなどが楽しめる「cafe 1886 at Bosch(カフェ・イチハチハチロク・アット・ボッシュ)」が2015年9月10日、東京・渋谷の「Bosch(ボッシュ)」渋谷本社にオープンします。

自動車関連、電動工具などで知られるドイツの企業「Bosch」のショールーム併設型カフェ。ボッシュグループでは初の試みとなります。店名の「1886」は、ボッシュの設立年に由来しています。

「トリバコーヒー」焙煎のコーヒー、「マルディグラ」シェフ考案のフードメニュー

コーヒーは、銀座のコーヒー専門店「トリバコーヒー」が焙煎するオリジナルブレンド。スモーキーでリッチな深煎りの「ダークロースト」(400円)、オーダーごとに1杯ずつハンドドリップでいれる浅煎りの「ライトロースト」(500円)などがあります。ドリンクは、ドイツのビールやワインなどもあります。

フードメニューの目玉は、銀座の人気フレンチレストラン「Mardi Gras(マルディグラ)」の和知徹シェフ考案のグルメサンドウィッチ。ライブレッドにドイツソーセージのオーバークライナー、マッシュポテト、ザワークラウトを挟んだ「スラバ」(850円)やカレーコーヒーパウダーのスパイスを利かせたハムカツサンド「ウィーン」(850円)など、常時4種を提供します。

「マルディグラ」の人気メニュー「ハーブアンドポテト」をアレンジした「ハーブフレイバーフライドポテト」(650円)もオススメです。

このほか、伝統的なドイツの軽食に基づくフードメニューも。「ベイクドアップルドーナツ&バニラアイス」(650円)は、ボッシュ本社があるドイツ・シュトゥットガルトのりんご菓子「アップルキューヘレ」をアレンジしています。

住所は東京都渋谷区渋谷3-6-7。営業時間は平日が8時から22時まで、土曜11時から22時まで、日曜祝日11時から20時まで。